岡山本陣
HOME 岐阜県の城郭
【城郭の概要】
所在地:大垣市赤坂町字勝山
別 名 :勝山
築 城 :慶長5年(1600)
初城主: −
区 分 :平山城
遺 構 : −
城 域 : −
     標高 51m
     比高 30m



石碑
岡山山頂に建つ石碑

【現地への案内】
詳細はコチラ 

【駐車場安楽寺駐車場を利用 約6台
【訪 城】2003年7月
【撮 影】2003年7月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 安楽寺から、5分も登ると勝山の山頂につく、山頂には「家康の物見台」と称して、物見だが造られている、眼下には杭瀬川を望み、家康は杭瀬川の戦いを、ここで食事をしながら一部始終を観戦したと伝えられている。その時、家康は飯粒が落ちたのも気がつかなかったとか。(^^)
大垣城は南東4kmにあるが、雑木のため見通しは利かない。
 安楽寺から登る途中に曲輪らしき削平地が幾つもあるが、土塁などは確認できない。大垣市立図書館蔵の江戸期の「岡山御陣城図」には、岡山の周囲に空堀が掘られ、本陣の周囲には土塁が巡らされているが、消失してしまったようである。

【城郭の歴史】
 岐阜城を攻略して意気上がる東軍は慶長5年(1600)8月24日、西進して赤坂一帯を占拠しました。翌25日軍監の本多忠勝と井伊直政が相談し、徳川家康の本営に定めたのが、この岡山(現勝山)です。
 以来、家康が到着するまでの約20日間、東軍諸将は丘の麓や周囲に布陣し、砦を築いて大垣城を本拠とする石田三成らの西軍と対峙しました。ちなみに大垣城は、この岡山から南東方向、わずか4kmにしか過ぎません。
 天下分け目の戦いで勝利した、徳川縁の地を記念して、以後この岡山は「勝山」と改めたと伝えられています。
 また、この山は聖徳太子の創建と伝えられる安楽寺領であり、壬申の乱をはじめ、大垣藩関係に由縁の史料に富んでいる。
現地案内板より

HOME 岐阜県の城郭

近江の城郭