中山城
HOME 岐阜県の城郭
【城郭の概要】
所在地:郡上市八幡町相生
別 名 : −
築 城 :天文・永禄年間
初城主:遠藤常胤
区 分 :山城
遺 構 :土塁?,堀?
城 域 : −
     標高 420m
     比高 220m
         老人憩いの家からは約100m

土塁か
土塁とおぼしき遺構

【現地への案内】
国道156号線相生の交差点から県道61号線に入る
詳細位置はコチラ 
【駐車場人憩いの家の空地を利用
【訪 城】2004年4月
【撮 影】2004年4月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 中山城は西を那比川、東を長良川に挟まれた山の山頂付近に築かれ、天然の要害地形にある。
 中山城へは相生小学校側に中山城址下のバス停前から車1台が通れる程度の道が延びている、この道を上り詰めると、八幡老人憩いの家に着く。この施設は使われていないので、空地に車を止めて、背後の山に入る。
途中にきれいな削平地に出るが、東側斜面が崩壊防止工事がされているため、曲輪かどうかは判断出来ない。
約10分ほどで山頂で着くが、山中城の中核部分が山の崩壊のため消失している。(^^;
近くに、土塁とおぼしき遺構が残るも、肝心の中核部分が消失しているため、土塁かどうかの断定も出来ない。また、南側斜面にも曲輪や空堀状のものが確認できるが、近くに曲輪も配置されておらず、城郭遺構なのか判断に苦しむ。
日本城郭大系には石垣があると書かれているが、確認できなかった。石垣部分も山の崩壊と共に消失したのだろうか。
 とにかく、中途半端な遺構(?)ばかりで、消化不良の城だった。(^^;

【城郭の歴史】
 天文・永禄の頃、遠藤常胤が築いたと伝えられる。後に稲葉秀方が住んだという。
HOME 岐阜県の城郭

近江の城郭