百足城
HOME 岐阜県の城郭
【城郭の概要】
所在地:飛騨市古川町高野
別 名 :垣内山城
築 城 : −
初城主: −
区 分 :平山城
遺 構 :堀切,竪堀
城 域 : −
     標高 536m
     比高 30m

二の曲輪
二の曲輪と主曲輪切岸

【現地への案内】
 国道41号線古川町、新蛤橋北詰の西側の山

詳細位置はコチラ 

【駐車場空地を利用
【訪 城】2005年6月
【撮 影】2005年6月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 百足城は宮川左岸にあり、宮川に直交するように突き出した尾根の先端に築かれ、百足城の北側は宮川に落ち込むような急斜面であるが、南側はなだらかな尾根が続く。城域は小さなピークを利用した形で、一応は尾根とは独立した地形となっている。
 東側麓から登り道がついており、比高で30mも登ると物見台に出る。直径が6mほどの円形をしており、西側は堀切状の鞍部を経て主曲輪へと続く。主曲輪も円形で直径10mほどで、物見台といい、主曲輪といい、円形としているのは意識的か。
 主曲輪の北側に城中では最も広い曲輪(30m×20m)があり、削平状態は極めて良く、二の曲輪と考えられる。
 北側斜面には階段状に幾つかの曲輪を配した簡単な造りで、本格的な戦闘用に築かれたものではなく、街道の監視を目的とした城だと考えられる。

【城郭の歴史】
 詳細不明

HOME 岐阜県の城郭

近江の城郭