松倉城
HOME 岐阜県の城郭
【城郭の概要】
所在地:高山市西之一色町字城山
別 名 : −
築 城 :永禄7年(1579)
初城主:三木自綱
区 分 :山城
遺 構 :石垣,堀切
城 域 :100m×55m
     標高 856.7m
     比高 270m
県指定史跡

本丸石垣
本丸の石垣

【現地への案内】
 高山市内、国号158号線から飛騨民俗資料館前を通り南へ700〜800m
詳細位置はコチラ 


【駐車場専用駐車場
【訪 城】2000年8月
【撮 影】2000年8月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 高山市街の南方、標高856mの松倉山の山頂に築かれ、北方に高山の町並みと白川街道を一望できる。
駐車場から遊歩道を登ること10分ほどで松倉山山頂の本丸に着く。山頂本丸を中心に東西に二の丸,三の丸を配した連郭式の山城で、その主要部は石垣造りとしている。北に延びる尾根にも階段状に曲輪を設け、各尾根筋は堀切でしっかりと処理されている。
本丸からは高山市内が一望でき、実に気持ちが良い。
縄張り図

【城郭の歴史】
 三木良頼,自綱によって永禄年間(1558)から天正年間中頃(1573)にかけて築かれた。三木良頼は永禄元年(1558)長子良頼(自綱)を将として天神山城(後の高山城)の高山外記と畑佐城(新宮町)の山田紀伊守を討った。三木自綱は天正5年(1577)山中城(下岡本町)の岡本豊前守を討ち、白川郷を除く一円を支配し、桜洞城(益田郡荻原町)を冬城に松倉城を夏城とした。

 松倉城は山城ながら山上の本丸に矢倉,城門を置き標高856.7m、比高360mの松倉山上に巨石を使って、堅固な石垣を築き上げる。戦国末期の山城から一歩前進した雄大な縄張りを持つ城である。
 天正13年(1585)金森長近、可成父子に攻められて落城し、以後廃城となった。
現地案内板より

HOME 岐阜県の城郭

近江の城郭