片山城
HOME 岐阜県の城郭
【城郭の概要】
所在地:揖斐郡池田町片山
別 名 : −
築 城 : −
初城主: −
区 分 :山城
遺 構 :空堀,堀切,土橋
城 域 : -
     標高 177m
     比高 150m


空堀
片山城の空堀

【現地への案内】
県道241号線を大垣から北上、池田町との境にある円興寺トンネルを出てすぐ
詳細位置はコチラ 

【駐車場県道脇に駐車
【訪 城】2003年9月
【撮 影】2003年9月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 大垣方面から県道241号線を走り、円興寺トンネルを抜けてすぐ西側の山一帯。
円興寺トンネル横から円興寺道に入り、約10分ほどで峠に出る。ここから西(右手)に延びる尾根を辿ると広い三角形状の曲輪に出る、ここから北尾根を辿る。
 岐阜県下一の城域をもつ城と云われるだけに、兎に角城域は広い。曲輪の削平状態も良く、かなり長期間機能していたのではないかと想像される。
曲輪間には堀切,土橋が多用され、土塁は見あたらない。これほどの広大な城を、誰が何の目的で築城したのか非常に興味を引かれる。

【城郭の歴史】
 「新選美濃志」によれば、不破河内守が守ったとされる。その時期は「揖斐郡志」によれば天正元年(1573)あるいは天正2年ともいわれ、この河内守は不破光治を指すと考えられているが、裏付ける資料が無い。

HOME 岐阜県の城郭

近江の城郭