美濃 岐阜城(稲葉山城)
HOME岐阜県の城郭
 城郭の概要
所在地:岐阜市天守閣
別 名 :稲葉山城
築 城 :建仁元年
初城主:二階堂行政
区 分 :山城
遺 構 :天守閣,石垣
城 域 :1,300×1,300m
   標高 336m
     比高 308m
市指定史跡
 現地への案内
交通機関
国道256号線長良川南、岐阜公園麓

 詳細位置はコチラ mapfan

 駐車場
有料駐車場を利用

【訪 城】
2001年5月
【撮 影】2001年5月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り


観光
崇福寺(岐阜市内長良福光)

 崇福寺の本堂天井には、慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いで落城した時に血痕のついた岐阜城の床板が張りめぐらされている。

 これは、戦死した38名の将兵たちの菩提を弔うためである。

織田信長と織田一族ゆかりの史跡



お薦めの書籍
お勧め度




お勧め度



再建された岐阜城天守閣(模擬)
再建された岐阜城天守閣(模擬)

 現地の状況
 岐阜城は美濃平野を一望する金華山(標高336m)の山頂に築かれている。この金華山、遠くからみるとなだらかな山容をしているが、麓に立つとそそり立つ壁のような山である。

 峻険な山頂に築かれた岐阜城を仰ぎ見ると、当時信長が理想としていた城が、こうした峻険な山城ではなかったかという思いに駆られる。
 領土拡大、天下統一への夢が進むにつれて、京に近い比高100mほどの安土山に居城を移した信長が、居城の比高が次々に低くなっていく現実との狭間で、安土城をなんとか岐阜城に近づけようとした結果が、総石垣の安土城ではなかったか。

 金華山へはロープウェーを利用すれば簡単に上れるが、峻険な金華山を体感する意味でも、是非とも歩いて登りたい。
 山頂へは馬の背道で登れば約20分程度、瞑想の小道からで30〜40分分程度で登ることができるが、トレッキングシューズなど、しっかりと足首が固定できる靴が望ましい。
その他、ルートとしては、百曲道,七曲道などがある。

古い時代の石積み
古い時代の石積み

 城郭の歴史
 金華山(当時稲葉山)に城砦が築かれたのは、二階堂行政が建仁元年(1201)砦を築いたのをはじめとする。
 15世紀中頃には、美濃の守護代・斎藤利永が居城とし、大永5年(1525)斎藤氏の家臣・長井長弘と長井新左衛門尉が謀反を起こし、稲葉山城を支配した。
 天文2年(1533)、長井新左衛門尉が没すると、その子、長井新九郎規秀(後の斎藤道三)が城主となる。

 永禄3年(1560)、桶狭間で今川義元を破った織田信長は西美濃に進出し、永禄10年(1567)美濃三人衆の内応もあって、稲葉山城を攻略。井ノ口と呼ばれていた地名を岐阜と改め、居城を小牧城から岐阜城に移した。

 天正3年(1575)、信長は岐阜城を長男・信忠に譲り、自らは翌4年に安土城に移った。
天正10年(1582)、信長、信忠父子が本能寺の変で自刃した後、岐阜城には信長の三男・信孝が入城するが、天正11年(1583)の賤ヶ岳の戦いで秀吉に敗れた信孝は野間・安養寺で自害させられた。

 文禄元年(1592)、豊臣秀吉の計らいで、織田信忠の子で、信長の孫にあたる秀信(幼名を三法師丸)が岐阜城主となる。
 慶長5年(1600)、関ヶ原の合戦の際、秀信は西軍に属したが、東軍に攻められて岐阜城は落城。秀信は高野山に送られて同地で死去した。

 慶長6年(1601年)、徳川家康は岐阜城の廃城を決め、奥平信昌に10万石を与えて、加納城を築城させた、その際、岐阜城の天守や櫓などは加納城に移された。

 明治43年になって模擬天守閣が建てられたが、昭和18年に火災で焼失。現在の天守閣は昭和31年に再建されたものである。

山麓の信長居館跡
山麓にある信長の居館跡

HOME岐阜県の城郭

近江の城郭