江馬下館
HOME 岐阜県の城郭
【城郭の概要】
所在地:吉城郡神岡町殿
別 名 :根古屋
築 城 :戦国時代
初城主:江馬氏
区 分 :平城
遺 構 :庭園跡,居館跡
城 域 : −



江馬下館の庭園跡

【現地への案内】
国道471号線殿村の信号を東に入る
詳細位置はコチラ 

【駐車場路上駐車
【訪 城】2003年6月
【撮 影】2003年6月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★☆☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 現地には案内板などは無いが、広い空き地で発掘調査が実施されているので、すぐに分かる。
庭園跡の他に、トレンチの入っている調査区を見て回ると、堀跡や堀に伴う土塁が確認できる。

【城郭の歴史】
 
高原諏訪城の西山麓に築かれた江馬氏の居館とされているが、築城者、築城年代とも明らかではない。
享禄から天文年間に江馬時経が二越屋形にいて、諏訪城を改修した説があり、この諏訪城が江馬下館のことではないかと考えられている。
 昭和51年から実施されている発掘調査で庭園跡が明らかになっており、京都風の庭石を配した池が築かれていることに注目されている。
HOME 岐阜県の城郭