堂洞城
HOME 岐阜県の城郭
【城郭の概要】
所在地:美濃加茂市蜂屋町下蜂屋
別 名 :堂洞山城,堂洞掛上城
築 城 : −
初城主:岸勘解由信周
区 分 :山城
遺 構 :曲輪
城 域 : −



堂洞城の主曲輪

【現地への案内】
県道97号線美濃加茂市伊深町の賀茂神社横から、南へ約1km、カントリークラブ美濃加茂の西
詳細位置はコチラ 
【駐車場空き地に駐車 約2台
【訪 城】2004年4月
【撮 影】2004年4月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★☆☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 堂洞城へは、県道97号線から賀茂神社横を抜け、神社前を南方向に約1km、ゴルフ場に隣接する丘陵地にある。この間、案内板を頼りに行くしか目印がない。
しかし、この案内板も朽ち果てているので注意が必要。(^^;
 峠の空地に車を置き、5分ほども歩くと、開けた微高地に堂洞城の手造りの案内板がある。ここが堂洞城の主曲輪である。この案内板がないと、城郭遺構だけでは場所を特定しにくい。(^^)
 主曲輪は周囲から饅頭型に盛り上がった所とされており、東側は急傾斜地、北側に曲輪らしき所もあるが、削平された様子もない。
地形的にも、城を築くには適地とは云えず、堂洞城とされる位置は、この辺りに堂洞城があったという伝承からきているのではないかと感じた。

【城郭の歴史】
 永禄3年(1560)以後、美濃進出をはかる織田信長は羽柴秀吉に木曽川北岸の伊木山城に拠点を構えさせて鵜沼城を攻略、続いて多治見修理の籠もる猿啄城を攻略して中美濃進出の機会をまった。永禄8年信長は高山城・城主金森長近を用いて、堂洞城主岸勘解由信周を説得しようとしたが、岸勘解由信周はこの説得に応じず、堂洞城は信長に攻められ、城主・信周は自刃し落城した。
HOME 岐阜県の城郭