美濃 明智城(明知城)
HOME岐阜県の城郭
 城郭の概要
所在地:恵那市明智町字城山
別 名 :白鷹城
築 城 :宝治元年(1247)
初城主:遠山三郎兵衛景重
区 分 :平山城
遺 構 :土塁,竪堀,横堀
城 域 :150m×70m
     県指定史跡
 現地への案内
交通機関
国道363号線明智町、明智駅前から県道33を東へ約1km

 詳細位置はコチラmapfan

 駐車場
搦手登城口前に空き地あり、10台程度可

【訪 城】
2000年8月,2002年3月
【撮 影】2000年8月,2002年3月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★★
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

お勧めの書籍



出曲輪南側の横堀と竪堀
出曲輪南側の横堀と竪堀

 現地の状況
 明智城は明智の町並みを見下ろす比高70mほどの山に築かれた平山城であるが、切り立った切岸と自然谷を利用し、要所には横堀と畝状竪堀を組み合わせて配置するなど、縄張りの妙を感じさせる城である。

 登城口は4つあり、この城郭規模(150m×70m)で4つの登城口はいかにも多いが、いずれの虎口も、攻め上る敵に寡兵で対応できるよう実によく考えられた縄張りがされている。

 東側の搦手から登ると、人工的に削られた切岸は10mを越え、まるで谷に入ったような錯覚を覚える。この登城道を見下ろす位置には、本丸北砦が配置され、本丸の北〜西〜南にかけて横堀が巡らされている。

 北側斜面の谷筋には5本の竪堀を穿ち、緩斜面の谷筋から侵入する敵を分断して個別撃破する思想が窺える。
 西端の竪堀は長大で、この竪堀に伴う竪土塁は長さ30mほどにもおよび、まるで壁を思わせる。
 南方に開いた大手を防御するのは三の丸を中心とした曲輪群で、大手道土橋を見下ろす位置に配置されている。

 明智城は明智光秀誕生の城とされているが、この他にも明智長山城(可児市瀬田)だとする説もあり、定かではない。


 城郭の歴史
 明智町は恵那市西南部の盆地にあり、北は苗木・岩村、南は愛知県足助・岡崎、西は土岐郡、東は長野県飯田にそれぞれ通じる街道の中継地で、地理的には岩村城と同じように、信濃・三河両国と美濃国との境界に位置する要地である。
そのため、この明智城は永禄〜天正年間に美濃攻略を狙う武田信玄と織田信長による争奪戦が繰り広げられた。

 永禄3年(1560)信長は、武田氏に従っていた遠山景任に叔母を嫁がせ、苗木遠山勘太郎には妹を嫁がせて、遠山氏を味方に引き入れた。

 元亀3年(1572)11月、信玄は高遠城城主・秋山晴近(信友)に岩村城を攻略させ、12月に至って、明知城城主・遠山景行苗木城城主・遠山勘太郎・飯羽間・串原および足助の諸将を破った。(上村合戦)
この上村合戦で明智城は陥ち、岩村城と同様、武田方の持城となった。

 天正元年(1573)4月に武田信玄が病没した後、同3年5月、織田信長は長篠の合戦で武田勝頼を破ったのに続いて、嫡男信忠をして岩村城を攻めさせた。
 この攻撃で明智城は岩村城と共に落城し、遠山利景(遠山景行の長子景玄の弟)は徳川家康のもとに逃れたが、同10年6月の本能寺の変の後、再び明智城に入った。
元和元年(1615)閏6月の一国一城令によって明智城は廃城となった。

HOME岐阜県の城郭


近江の城郭