敦賀陣屋(鞠山陣屋)
HOME福井県の城郭
 城郭の概要
所在地:敦賀市鞠山
別 名 :鞠山陣屋
築 城 :天和2年(1682)
初城主:酒井忠稠
区 分 :平城
遺 構 : −

 現地への案内
交通機関は車を利用

 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
 鞠山神社前の空地を利用

【訪 城】2007年5月
【撮 影】2007年5月

評価項目 見所評価
選地
縄張り ☆☆
普請 ☆☆
体力消耗度 ☆☆
お勧め度
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り


鞠山陣屋跡に隣接する鞠山神社

 現地の状況
 敦賀陣屋跡には、現在リコー敦賀荘が建てられている。
陣屋の規模は東西37間、南北31間で、本陣は101坪と小規模で、リコー敦賀荘のどのあたりに位置していたのかも不明。


 城郭の歴史
 天和2年(1682)に若狭小浜藩主酒井忠直の二男忠稠が父の遺領のうち1万石を分与され、赤崎浦塩込に陣屋を設けた。

 その後、忠菊、忠武、忠香、忠信、忠蓋、忠眦、忠教と8代続き、明治に至る。明治3年3月鞠山藩と改称したが、宗家小浜藩への合藩を望み廃藩。翌年、陣屋は払い下げ取り壊された。





お薦めの書籍

お勧め度



HOME福井県の城郭

近江の城郭