若狭 達城
HOME福井県の城郭
 城郭の概要
所在地:大飯郡大飯町尾内
別 名 : −
築 城 :天文22年(1153)
初城主:本郷泰茂
区 分 :山城
遺 構 :土塁,堅堀
城域 :470m×50m
   標高 114m
     比高 110m
 現地への案内

国道27号線本郷大橋東詰から南へ約300m、長応寺へ


詳細位置はコチラ 

 駐車場
長応寺の南、なごみの駐車場を利用

【訪 城】
2008年5月
【撮 影】2008年5月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り




主曲輪に至る2折れの虎口

 現地の状況
 達城は大飯町町尾内にあって、佐分利川の左岸河口近くの標高114mの独立丘の山頂から北西に延びる尾根上に築かれ、丹後街道(元国道27号線)を猊下する位置にある。

 長応寺への石段を登り始めると、狭い尾根に小曲輪が確認できる。長応寺本堂の背後は谷状の地形で10mほどの比高差を下ると、幅3mほどの尾根の左右に竪堀が連続して2条づづ配置され、特徴的な縄張りをしている。

 尾根の斜度は登るに従って急となり、山頂の主曲輪近くでは九十九折りの道となる。この間幅10〜20mの尾根に階段状に曲輪が配置されている。

 山頂の主曲輪へは、斜面を利用した形での2折れの虎口を経て至るが、虎口横の斜面には竪堀が配され、虎口防御に配慮がなされている。

 山頂の主曲輪は35m×25mほどで、登城道のある北西以外は急峻な斜面で、天然の要害地形である。

尾根中腹からみる若狭街道

 城郭の歴史
 関東の御家人・本郷氏が鎌倉時代初期に大飯郡に入部した後、在地勢力として室町時代には経済,軍事面でも大きな力を有していた。

 大永4年(1524)本郷泰茂の領地は幕府御領所となり本郷氏の衰退が始まる。また隣接する佐分利石山城の武藤友益にしばしば侵略され、居館である高田城では防戦できず、達城を築城した。

 元亀元年(1570)から開始された織田信長の若狭進出に際し、本郷泰栄はいち早く信長方につくことを表明し、領土を安堵された。

 天正10年(1582)本能寺の変が起こると、本郷泰栄は秀吉には属さず、この地から退去した。
 達城も天正12年頃には廃城となったと考えられている。

長応寺背後の連続した堅堀
HOME福井県の城郭

近江の城郭