新善光寺城
HOME福井県の城郭
 城郭の概要
所在地:越前市府中2丁目
別 名 : −
築 城 :南北朝期
初城主:斯波高経
区 分 :平城
遺 構 :土塁
城 域 : −


 現地への案内
交通機関は車を利用
 JR武生駅の西約300m
 詳細位置はコチラmapfan
 駐車場
 正覚寺の駐車場を利応、約30台
【訪 城】2007年3月
【撮 影】2007年3月

評価項目 見所評価
選地 ☆☆
縄張り ☆☆
普請 ☆☆
体力消耗度 ☆☆
お勧め度 ★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

新善光寺城の石碑
新善光寺城の石碑と正覚寺山門

 現地の状況
 JR武生駅の西側には国分寺の跡を初めとして多くの寺院が甍を連ねている。その中でもひときわ広い敷地を持つのが新善光寺城の跡に建てられた正覚寺である。
 正覚寺の山門は府中城の表門を移築したもので重量感と共に趣がある。境内には新善光寺城の土塁が残っている。

土塁
正覚寺境内の土塁

 城郭の歴史
 南北朝の動乱期、越前国守護斯波高経は新善光寺跡に新善光寺城を築城し南朝方に備えた。延元元年(1336)南朝方の杣山城主瓜生生保の軍勢により落城したが、すぐに奪回した。さらに延元3年、金ヶ崎城の落城で杣山城に逃れていた新田義貞等は勢いを取り戻し高経の軍勢と日野川で激戦を交えたこの戦いで府中の町は焼け、高経は敗走し、新善光寺城は義貞の手に落ちた。
 義貞が新田塚で戦死後、南朝方の勢力は衰え義貞の弟・脇屋義助は美濃へ敗走。

 貞治5年(1366)浄土宗の良如により、新善光寺城跡に正覚寺が創建され現在に至っている。境内北部の駐車場に沿って東西と西部に土塁が残っているのみであるが、正徳元年(1711)の府中図によれば城域は東西90間、南北76間で、土塁の外に堀が巡らされていた。

 境内の墓地には初代領主本多富正の養子・福井初代藩主結城秀康の四男・吉松丸の墓がある。
現地案内板より




観 光
龍門寺
越前市本町 
TEL 0778-22-2215
mapfan
 龍門寺城の跡に建てられた寺院で、天正元年(1573)8月、北近江から敦賀、府中を経て一乗谷へ敗走する朝倉軍を追ってきた信長はここに陣を構えた。
また、天正3年(1575)の越前一向一揆討伐においても、信長は再びここへ陣を構えている。
一向一揆討伐後は府中三人衆のひとり不破光治が拠ったといわれてる。

小次郎公園
越前市粟田部
mapfan
小次郎の像をシンボルに池や石舞台などがある。
隣接する高善寺は剣豪佐々木小次郎の生家と言われている。


HOME福井県の城郭

近江の城郭