清水山城
HOME福井県の城郭
 城郭の概要
所在地:福井市清水山町
別 名 : −
築 城 :室町時代
初城主:太田市
区 分 :平城
遺 構 :堀,土塁
城 域 : −

町指定史跡


 現地への案内
交通機関は車を利用
 路上駐車
 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
 路上駐車
【訪 城】2007年5月
【撮 影】2007年5月

評価項目 見所評価
選地
縄張り ☆☆
普請 ★★
体力消耗度 ☆☆
お勧め度 ★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



館西側の堀と土塁

 現地の状況
 清水山城は日野川の西岸にあって、背後に日野川を置くように築かれていたと推測されるが、現在では日野川の流れが変わったためか、日野川との距離は約100m。

 主曲輪と考えられる場所には毘沙門天が祀られており、竹藪になっている部分を含めると、主曲輪としては30m×40m程度か。
主曲輪以外に、どこまでが城域か不明。

日野川越しの清水山城
中央民家の切れた左手

 城郭の歴史
 清水山城は昔は三方日野川に囲まれた要害の地にあった。ここに室町時代、守護斯波氏の家臣太田氏が城を築き、文明元年(1469)7月朝倉氏に攻め落とされるまで在城した。

 その後、子孫の太田一吉が羽柴秀吉の馬廻りとなり中国遠征で功を立て、天正10年(1582)清水山城3千5百石を賜り越前に帰り、文禄2年(1593)豊後(大分県)臼杵城6万5千石の大名となるまで約12年間在城した。
 その跡を嫡子隆満が秀吉の馬廻りとなり清水山城6千石を領し、慶長5年(1600)関ヶ原の戦いに敗れるまで約8年間在城した。
清水町文化財指定 現地案内板より




観 光
城福寺
平清盛の弟頼盛により鎌倉時代開かれた日本で唯一の平家一門の菩提寺。
 城福寺庭園は昭和52年(1977)国の名勝に指定されている。

mapfan





HOME福井県の城郭

近江の城郭