佐柿陣屋
HOME福井県の城郭
 城郭の概要
所在地:三方郡美浜町佐柿
別 名 : −
築 城 :天文年間(1532〜1555)
初城主:栗屋越中守勝久
区 分 :平山城
遺 構 :石垣,曲輪,土塁
城 域 :110m×100m



 現地への案内
交通機関は車を利用
 
 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
 徳賞寺近くの道路に路上駐車
【訪 城】2007年5月
【撮 影】2007年5月

評価項目 見所評価
選地 ★★
縄張り
普請
体力消耗度
お勧め度 ★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り


館前面の石垣

 現地の状況
 佐柿陣屋は栗屋勝久館の前面、佐柿の町並みからは約500mほど南に位置している。
 訪ねた時は整備中で石垣の積み直しと陣屋内の整地が行われていた。



階段状の曲輪

 城郭の歴史
 三方郡佐柿は御岳山の北西麓にあり、天王山(標高331m)との隘路を丹後街道(現国道27号線)が抜けて越前に通ずる交通上の要地であった。

 天正期(1573〜1592)佐柿国吉城の城主木村常陸介が豊臣秀吉の命により佐柿に町家を造ったと伝えられる。(若狭郡県志)
 慶長5年若狭入封の京極高次は、佐柿に重臣を配して越前との国境を固めた。寛永11年(1634)京極高次に替わって入封した酒井忠勝は、佐柿に茶屋(陣屋)を設けて奉行を置いた。





お薦めの書籍

お勧め度







HOME福井県の城郭

近江の城郭