鯖江陣屋
HOME福井県の城郭
 城郭の概要
所在地:鯖江市屋形町、本町
別 名 : −
築 城 : −
初城主: −
区 分 :陣屋
遺 構 :移築門
城 域 : −


 現地への案内
交通機関は車を利用
 
 詳細位置はコチラmapfan
 駐車場
 路上駐車
【訪 城】2007年3月
【撮 影】2007年3月

評価項目 見所評価
選地 ☆☆
縄張り
普請
体力消耗度 ☆☆
お勧め度 ★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

受福堂
松阜神社境内に移築された受福堂

 現地の状況
 陣屋は本町から屋形町にかけての一帯とされるが、遺構らしきものは残されていないが、鯖江市内の松阜(まつおか)神社境内に鯖江藩4代藩主間部詮茂(あきとう)が初代詮房を祀るために藩邸につくったお堂である受福堂が移築されている。
また、鯖江藩家老職を務めた植田氏の長屋門がJR鯖江駅の西約200mの所にある。


 城郭の歴史
 享保5年(1720)に越後村上から間部詮房(まなべあきふさ)の弟・詮言(あきとき)が5万石で入封。鯖江藩が成立して、陣屋を西鯖江の幕府代官所跡地に設置した。以後、間部氏9代で明治維新を迎える。




観 光
万慶寺
万慶寺山門
 鯖江藩主間部氏の菩提寺で、7代藩主詮勝公が描いた天井絵「竜神」「風神」「雷神」は有名です
mapfan



HOME福井県の城郭

近江の城郭