龍門寺城(竜門寺城)
HOME福井県の城郭
 城郭の概要
所在地:越前市本町
別 名 : −
築 城 :室町時代
初城主:富田長繁
区 分 :平城
遺 構 :堀
城 域 :80m×90m
     市指定史跡


 現地への案内
交通機関は車を利用
 龍門寺城の駐車場を利用、3台駐車可
 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
 路上駐車
【訪 城】2007年5月
【撮 影】2007年5月

評価項目 見所評価
選地
縄張り ☆☆
普請 ★★
体力消耗度 ☆☆
お勧め度 ★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り


本堂南側の堀跡

 現地の状況
 越前市京町、および本町には天台・法華宗寺院が密集している。これは府中城西側の防衛・防災地帯としての機能を果たしていたとされている。

 龍門寺もその中の1寺院で山門横に龍門寺城の案内板がなければ城郭跡とは判らない。
しかし、本堂南側に廻ると、本堂と隣接する妙高寺との間の墓地が2mほど低くなっており、堀跡であることがすぐに判る。
堀幅は30m近くあり、この堀の広さからも龍門寺城の規模が尋常でなかったことが推察される。

 龍門寺から北へ50mほども露地を歩くと、住宅地の中に約15m四方の空地があり、四方に露地が延びている場所がある。案内板によると「卍ヶ辻」といい、天正期に織田軍が、この辻に兵を集めて点呼を行ったのではないかと考えられている。北国街道にも、カギ型をしたような空間が随所に見られるとのことである。
旧武生市内の露地には戦国期の名残が今でも残っており、ゆっくりと散策すると面白い発見があるかもしれない。



卍ヶ辻

 城郭の歴史
 龍門寺は正安元年(1299)悦巌崇善によって創建されたと伝えられている。この地は府中の南端にあたることから軍事上の要所とされ、天正元年(1573)には織田信長が一乗谷城の朝倉氏を攻める際にここに本陣を構えた。

 朝倉氏滅亡後、天正2年には越前の門徒領国化を狙う一向一揆勢によって支配され、この討伐のために同3年に信長は、羽柴秀吉,明智光秀らに龍門寺城に攻め入らせ、再び龍門寺城に入っている。
 その後、信長は府中とその近辺の十万石を府中三人衆(前田利家,佐々成政,不破光治)に支配させ、前田利家は府中城に、佐々成政は小丸城に、この龍門寺城には不破光治が入った。

 天正13年(1585)に若狭の木村常陸介が府中を支配し、城内の南隅に龍門寺を再興した。現在南部の堀跡は墓場となっている。また本堂や庫裏は台地上にあって平城の名残がある。





観光
龍泉寺
越前市深草1−10−3
 応安元年(1368)通幻寂霊(つうげんじゃくれい)が開いた曹洞宗寺院。
 江戸期の府中領主・本多家の菩提寺で、本多家歴代の墓がある。また、徳川家康・秀忠・結城秀康像などの文化財もある。

mapfan

高善寺
越前市粟田部11−35
 剣豪佐々木小次郎の生誕の地。隣接する小次郎公園には佐々木小次郎の像がある。
mapfan


お薦めの書籍










HOME福井県の城郭

近江の城郭