三峯城
HOME福井県の城郭
 城郭の概要
所在地:鯖江市上戸口町
別 名 : −
築 城 :南北朝期
初城主:平泉寺宗徒
区 分 :山城
遺 構 :曲輪,堅堀,堀切
城 域 : −
     比高 370m

 現地への案内
交通機関は車を利用

 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
林道の空地を利用
【訪 城】2007年5月
【撮 影】2007年5月

評価項目 見所評価
選地 ★★
縄張り ★★
普請 ★★
体力消耗度 ★★
お勧め度 ★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

主曲輪の脇屋義助卿の碑
主曲輪に建てられた脇屋義助卿守戦之地の碑

 現地の状況
 三峯城は福井市と鯖江市の境、標高405mの通称城山と称される山頂付近に築かれ、朝倉氏の居城・一乗谷城との距離は約4km。朝倉街道の通る東大味町を大手としている。

 東大味町からの登山道がつけられているが、アプローチが長く、椿坂西谷林道を利用すれば城山下まで車で登ることができる。
 椿坂西谷林道は、鯖江市金谷町の金谷トンネル入り口付近と西袋町の椿坂を繋ぐ林道で、この林道のほぼ中間付近に三峯城に入る林道の分岐点がある。分岐点には三峯城の案内板があるので見落とさないことが肝心。
なお、林道は結構荒れており、落石が至る所にあるので要注意。

 城下の林道から山道を10分ほども登ると、西側搦手虎口に出る。三峯城の縄張りは山頂に主曲輪を置き、山頂から三方に延びる支尾根に曲輪を配した連郭式で、各尾根筋は堀切で処理されている。大手である北尾根には5段から6段の曲輪を配し、防御意識が最も高いことが窺える。

 主曲輪には、南朝方の武将・脇屋義助卿守戦之地の石碑が建てられているが、現在残されている城郭遺構は南北朝期のものではなく、堀切や堅堀などを多用している点で戦国期・朝倉氏による築城の特徴をよく残している。

 また、主曲輪から北を望めば一乗谷の城下を一望することができ、この三峯城が一乗谷城の南方の押さえとして機能していたことが容易に推定される。
縄張り図
三峯城縄張り図

 城郭の歴史
 三峯城の山頂からは金谷方面,西袋方面、上戸口から延びた三つの尾根が合流した形で、「三峯」の地名はこれに由来するようである。
眼下には一乗谷や福井平野を一望できる戦略的拠点として格好の立地にある。
「太平記」によると、南北朝争乱記の延元2年(1337)、北朝方の平泉寺僧兵が南朝方に寝返り、三峯に立て籠もった際に南朝方の新田義貞は弟の脇屋義助を総大将として派遣したとある。
以後、南朝方の拠点として重要な位置を占めていたようであるが、築城から4年目の暦応3年(1340)に北朝方の三山重行によって攻め落とされている。
鯖江市
主曲輪北側の堀切
主曲輪北側の堀切



観光
明智神社
福井市東大味
 明智城を斎藤氏に落とされた後、鉄砲指南役として越前の朝倉義景に仕えていた当時の住居跡と言われている。
mapfan


お薦めの書籍




HOME福井県の城郭

近江の城郭