三留城
HOME福井県の城郭
 城郭の概要
所在地:福井市清水町三留
別 名 : −
築 城 :室町末期
初城主:朝倉景冬
区 分 :平山城
遺 構 :曲輪
城 域 : −
     比高 30〜40m
町指定文化財

 現地への案内
交通機関は車を利用

 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
駐車場は近くの空地を利用

【訪 城】2007年5月
【撮 影】2007年5月

評価項目 見所評価
選地
縄張り
普請 ☆☆
体力消耗度
お勧め度 ☆☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り


三留城のある五位山

 現地の状況
 三留城は三留地区東保育園の裏の五位山であるとされるが、山の周囲には住宅が建ち並び、山に取りつけない。
地元の人に尋ねると、親切にも保育園裏の登り口まで案内頂いた。しかし、最近は山に入る人もいないためか道らしきものはほとんどなく、藪を避けながらの斜面登りで山頂にたどり着いた。

 お椀を伏せたようになだらかな山頂は、唯一中央部が1mほど高くなっているだけで、ほとんど遺構らしきものは確認できなかった。
下山後、何人かの古老に尋ねたが、城に関しての情報は得られなかった。

正寿寺の山門

 城郭の歴史
 三留城は一乗谷朝倉氏初代敏景の六男の景儀(かげのり)の子の孫六郎景冬が築いたと伝えられています。
 五位山の頂に本丸址があり、景冬の弟景総、景久と受け継がれ、景久の子千代雅丸が正寿寺の住職となり父祖の菩提を弔った。
清水町教育委員会





HOME福井県の城郭

近江の城郭