栗屋勝久館
HOME福井県の城郭
 城郭の概要
所在地:三方郡美浜町佐柿
別 名 : −
築 城 :天文年間(1532〜1555)
初城主:栗屋越中守勝久
区 分 :平山城
遺 構 :石垣,曲輪,土塁
城 域 :110m×100m



 現地への案内
交通機関は車を利用
 
 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
 徳賞寺近くの道路に路上駐車
【訪 城】2007年5月
【撮 影】2007年5月

評価項目 見所評価
選地 ★★
縄張り ★★
普請 ★★
体力消耗度
お勧め度 ★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

館前面の石垣
館前面の石垣

 現地の状況
 国吉城の西側山麓の谷筋の平場を利用し、山懐にあるという点では鎌倉期からの伝統的な武家の館であるが、背後の山の国吉城と一体となって機能する点、および館が単郭ではなく、階段状に多数の曲輪を配している点では、戦国期における館城の発展形で、岐阜城山麓の信長の館と共通している。

 訪城した時は、幸運にも発掘の真っ最中で、曲輪前面の石垣を観ることができた。
今後、どのような形で整備・保存されるのか判らないが、“詰の城”を伴った戦国期の館城としては貴重な遺構だけに、観光客寄せの見苦しい整備だけはして欲しくないものである。
階段状の曲輪
階段状の曲輪

発掘中の曲輪
発掘中の曲輪

 城郭の歴史
 栗屋越中守勝久の館城で、国吉城と一体となって機能した。後に小浜藩の奉行所として用いられた

 なお、隣接する徳賞寺には栗屋勝久の墓といわれる五輪塔がある。
 



お薦めの書籍

お勧め度














HOME福井県の城郭

近江の城郭