鞍谷館
HOME福井県の城郭
 城郭の概要
所在地:越前市池泉町
別 名 : −
築 城 :室町時代
初城主:鞍谷氏
区 分 :平城
遺 構 :堀,土塁
城 域 :100m×100m



 現地への案内
交通機関は車を利用
 路上駐車
 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
 路上駐車
【訪 城】2007年5月
【撮 影】2007年5月

評価項目 見所評価
選地
縄張り ☆☆
普請 ★★
体力消耗度 ☆☆
お勧め度 ★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

堀と土塁
館西側の堀と土塁

 現地の状況
 味真野神社の周囲に土塁と堀が残されている。典型的な中世城館跡遺構である。
 味真野神社の東側は取り崩されているが、西側の土塁と堀は見事に残っている。



 城郭の歴史
 鞍谷氏は足利義満の子義嗣ぐが上杉禅秀の乱に連座して兄・義持の疑うところとなり自殺。その子嗣俊が越前に逃れて鞍谷に住み着いた。

 朝倉氏が越前守護となると、婚を通じて鞍谷刑部大輔と称した。その後、天正2年(1574)には一向一揆の兵火を被っている。





観 光
城福寺
平清盛の弟頼盛により鎌倉時代開かれた日本で唯一の平家一門の菩提寺。
 城福寺庭園は昭和52年(1977)国の名勝に指定されている。

mapfan





HOME福井県の城郭

近江の城郭