金剛院城
HOME福井県の城郭
 城郭の概要
所在地:越前市深草2丁目
別 名 : −
築 城 : −
初城主:青木善右衛門か
区 分 :平城
遺 構 : −


 現地への案内
交通機関は車を利用

 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
 専用駐車場を利用

【訪 城】2007年5月
【撮 影】2007年5月

評価項目 見所評価
選地
縄張り ☆☆
普請 ☆☆
体力消耗度 ☆☆
お勧め度
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り


金剛院の石碑と山門

 現地の状況
 山門前に金剛院城址の碑があり、山門横には土塁状の土盛があり、いかにも城郭跡のような雰囲気を備えた寺である。
 本堂裏手の墓地の北側には、高さ1〜2mほどの土塁が残っている。


本堂裏手の土塁

 城郭の歴史
 金剛院城は青木善右衛門の居城で、城址跡に建てられた金剛院は、天正元年(1583)織田信長による越前一乗谷城攻めの際焼失し、丹生郡八田村に移り、更に同11年青木紀伊守重治の帰依によって、この地に堂宇が再建。
慶長15年(1610)府中領主本多富正によって、青木氏居城跡の現在地に再興されている。




観光
県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館

 一乗谷の発掘調査で出土した武具や生活用品、朝倉氏の館の模型など多くの資料が展示されている。

mapfan

丸岡藩砲台跡

 丸岡藩が沿岸警備のために築いた砲台跡で、越前松島の東方の海岸沿いにある。背丈ほどの高さに弓型の石垣が積み上げられている。

mapfan

明智神社
福井市東大味

 明智城を斎藤氏に落とされた後、鉄砲指南役として越前の朝倉義景に仕えていた当時の住居跡と言われている。
mapfan

HOME福井県の城郭

近江の城郭