木ノ芽峠城
HOME福井県の城郭
 城郭の概要
所在地:南条郡南越前町二ツ屋鉢伏山
別 名 : −
築 城 :永禄12年(1569)
初城主:朝倉義景
区 分 :山城
遺 構 :土塁,空掘,堅堀,堀切
城 域 :180m×130m

 現地への案内
交通機関は車を利用
 国道365号線から今庄365スキー場方面に入り、スキー場を抜けて木ノ芽峠
mapfan
 駐車場
 路上駐車

【訪 城】2005年7月
【撮 影】2005年7月

評価項目 見所評価
選地 ★★
縄張り ☆☆
普請 ★★
体力消耗度 ★★
お勧め度 ★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

堀切
木ノ芽峠城の東側の堀切

 木ノ芽峠城は隣接する観音寺丸城西光寺丸城、および鉢伏城を合わせて木ノ芽峠城砦群と称されている。

 越前から近江を経て京へ上るには、二つのルートがある。ひとつは敦賀の疋壇から北国街道〜長浜へと中山道に抜けるルート、あとひとつは疋壇から若狭街道に入り琵琶湖西岸の西近江路を辿る街道であるが、いずれのルートも今庄から疋壇間は北国街道の難所とされる板取を通るか、大きく迂回して今庄〜木ノ芽峠〜疋壇のルートを辿ることになる。

 天正3年(1575)織田信長が越前の一向一揆を制圧した後、越前8郡49万石を与えられた柴田勝家が、越前と安土城を最短距離で結ぶ板取〜木ノ芽峠の道を整備するまでは、今庄〜木ノ芽峠〜疋壇のルートが主要な街道として利用されていた。

 木ノ芽峠城砦群は、この木ノ芽峠を押さえる目的で築城されたもので、木ノ芽峠を挟んで東に西光寺丸城、西に木ノ芽峠城,観音寺丸城、鉢伏城と尾根上に連なって位置しており、距離的に離れた西光寺丸城と鉢伏城を除いた2城(木ノ芽峠城と観音寺丸城)はひとつの城として機能していたと考えるのが妥当である。

 現地の状況
 木ノ芽峠城は木ノ芽峠の峠の茶屋から案内板に沿って歩くと5分ほどで着くが、城域全体をクマザサと灌木が生い茂り、藪漕ぎをしても城の全貌は掴みきれない。西光寺丸城に続く南側尾根の堀切は規模も大きく圧巻である。

木ノ芽峠城砦群
木ノ芽峠城砦群


 城郭の歴史
 永禄12年、朝倉義景が木ノ芽峠に城を構え、家臣の堀二郎三郎を置いた。朝倉氏滅亡後、織田信長は堀次郎,阿閉淡路守,磯野丹波守に守らせたが、越前は“一揆持ちの国”となり、天正2年(1574)8月に、一向一揆衆に攻められ堀次郎の陣代樋口三郎兵衛は開城。

 天正3年(1575)8月、信長は約5万の軍勢を仕立て、徳川軍1万3千、柴田勝家軍1万2千の他、合わせて約10万の軍勢で越前攻めを行う。(朝倉始末記)

 これに対し一揆衆は板取城に下間頼俊、木ノ芽峠には西光寺勢力、鉢伏山城には阿波賀三郎兄弟、今庄の燧ケ城には大将の下間頼照が入った。(信長公記)

----------------------------
 この城は観音寺丸と一体的な城で、木ノ芽峠の要衝を押さえる重要な役割をもっており、少なくとも南北朝時代には築城されていたと思われるが、確認できるのは戦国期である。
「朝倉始末記によれば、永禄12年(1568)、織田信長の越前侵略に備えて、木ノ芽峠に城を構えたのが始まりである。その後、織田方や一向一揆勢が立て籠もった、
 城の規模は長径180m、短径130mで、城の造りは最高所の2つの曲輪を中心とし、東斜面に多くの曲輪を配し、西に腰曲輪を置く。南は大きな堀切で尾根を断つ。全体で、三の曲輪、2本の堀切、10本の堅堀が築かれている。井戸のある水の手曲輪も明らかになっている。
現地案内板より
峠の茶屋
木ノ芽峠に今もある峠の茶屋




観光
板取宿

 天正6(1578)年、柴田勝家が栃ノ木峠越えの北国街道を大改修してから人馬の往来が増えた。現在は数戸の家のみが残り、茅葺きの屋根は珍しい甲(かぶと)造り。
mapfan

今庄宿・旧街道の町並

 江戸文化年間に重要な宿駅として整備された今庄宿は、町並みは約1km。当時は多くの造り酒屋や旅籠が軒を並べていた。旧街道沿いには宿場町の面影が残されている。
mapfan

紫式部公園

 武生で1年余り過ごした紫式部を偲んで、平安時代の庭園を再現した公園。金色の紫式部像が建ち、藤波亭では式部に関する資料を展示、雅やかな雰囲気が漂っている。
mapfan



お薦めの書籍














HOME福井県の城郭

近江の城郭