葛野陣屋
HOME福井県の城郭
 城郭の概要
所在地:丹生郡越前町下糸生
別 名 : −
築 城 :元禄10年(1697)
初城主:徳川吉宗
区 分 :館
遺 構 : −
城 域 : −


 現地への案内
交通機関は車を利用
 
 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
空地に駐車
【訪 城】2007年6月
【撮 影】2007年6月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★☆☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り


葛野神社
葛野神社

 現地の状況
 下糸生の葛野神社一帯が陣屋跡とされているが、葛野陣屋跡を示す石碑が建てられているだけで、陣屋跡の遺構はない。

 城郭の歴史
 葛野陣屋は後に第8代将軍として幕府財政を再建する徳川吉宗が、元禄10年(1697年)第5代将軍・徳川綱吉に拝謁し、若干14歳にして越前国丹生郡に3万石を賜った領地である。
 しかし、吉宗自身が領地へ赴くことはなく、代官・役人を派遣して統治にあたらせた。

 宝永2年(1705年)に長兄・徳川綱教(紀州藩第3代藩主)が死去、同年に次兄の頼職が病死したことで、吉宗は22歳で紀州藩第5代藩主となる。吉宗が紀州藩を継いだことで越前葛野藩は廃藩となった。

 その後、吉宗は享保元年(1716年)に第8代将軍に就任し、享保の改革に着手する。




観 光
織田剱神社
織田剱神社
 尾張・織田氏の出自は織田剱神社の神官だったとされ、境内には平重盛(小松殿)と織田信長を祭神とする小松建勲神社が本殿横に祀られている。
mapfan

越前陶芸村
丹生郡越前町小曽原7-8
TEL 0778-32-3200

広大な越前陶芸公園には芝生広場、岡本太郎のモニュメント作品などが点在し、陶芸教室なども開催され、家族で楽しめるエリアです。
mapfan


HOME福井県の城郭

近江の城郭