今井城
HOME福井県の城郭
 城郭の概要
所在地:福井市小羽町
別 名 : −
築 城 :平安時代末期
初城主:今井兼平
区 分 :平山城
遺 構 :横堀,堀切
城 域 : −
     標高 51m
     比高 30〜40m
県指定文化財,町指定文化財

 現地への案内
交通機関は車を利用
御城山古墳を目当てに
 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
駐車場は近くの空地を利用

【訪 城】2007年5月
【撮 影】2007年5月

評価項目 見所評価
選地 ★★
縄張り ★★
普請 ★★
体力消耗度 ★★
お勧め度 ★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り


西尾根の堀切

 現地の状況
 今井城は、九頭竜川の支流・志津川が平野に流れ出た右岸、後山と呼ばれる独立丘(標高51m)に築城されている。
 この後山は古墳時代中期(5世紀初頭頃)に造られた古墳で、御城山古墳として県の指定文化財となっている。

 西側の住宅地の間から谷筋に道がつけられており、山頂までの比高差30〜40mを一気に直登すると、主曲輪を中心とした帯曲輪に至る。
 帯曲輪から比高差4〜5mの主曲輪は2段構成となっており、この主曲輪が古墳本体のようである。

 後山の地形は、北から東にかけては崖状、西側は急斜度地形をしており、西尾根には空堀と堀切、比較的斜度が緩やかな南側斜面には比高差のある曲輪を階段状に配し、理にかなった築城がなされている。
また、各曲輪の削平状態は極めてよく、戦国期に長期間使用されたであろうとことが窺える。

今井城の築城されている後山

 城郭の歴史
 平安時代末期、木曽義仲の家臣・今井兼平が後山に山城を築城したという伝承がある。
 現在、御城山古墳を主郭とする円郭式山城が確認されているが、これは戦国期のものと考えられている。

現地案内板より

主曲輪下の帯曲輪




観 光
称念寺
坂井市丸岡町長崎19-17
称念寺
 境内には、1338年(延元3)に燈明寺畷(とうみょうじなわて)で戦死した新田義貞の五輪塔がある。
mapfan

新田義貞戦没伝説地(燈明寺畷)
新田義貞戦没伝説地(燈明寺畷)

 新田義貞が暦応元年(1338)に、斯波高経の軍勢に出会い、無念にも敗れ戦死したと伝えられる場所。江戸時代に義貞のものと思われる冑が水田から発見され、当時の藩主・松平光通が義貞を称え石碑を建立した。国指定史跡となっている。
mapfan

藤島神社
福井市毛矢3丁目8-21
 新田義貞とその一族が祀られており、新田義貞が着用していたといわれる冑・鉄製銀像嵌冑が所蔵されている。
mapfan




HOME福井県の城郭

近江の城郭