本保陣屋
HOME福井県の城郭
 城郭の概要
所在地:越前市本保町
別 名 : −
築 城 :享保6年(1721)
初城主:徳川氏
区 分 :館
遺 構 : −
城 域 : −


 現地への案内
交通機関は車を利用
 
 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
空地に駐車
【訪 城】2007年6月
【撮 影】2007年6月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★☆☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り


本保陣屋の復元冠木門
本保陣屋の復元冠木門

 現地の状況
 本保陣屋は吉野小学校の南約30mにあり、東西50m、南北150mの広さがあったというが、小学校の敷地に転用され、遺構らしきものは残されていない。
 現在では吉野小学校の南、約100mの地点に本保陣屋跡の石碑と復元された冠木門などが建てられている。

 城郭の歴史
 本保陣屋は江戸時代に越前国内の幕府直轄領を支配していた役所で、幕末には羽生郡や大野郡など175か村、約5万石を統治していたとされる。

 享保5年(1720年)間部詮言の鯖江藩立藩により、享保6年(1721)に西鯖江にあった幕府の陣屋が本保に移転した。一時廃止されたが延享元年(1744)に再び設置され、その後明和4年(1767)に飛騨高山郡代の支配下におかれ明治まで約150年間存続した。

 陣屋の建物などは明治6年(1873)頃までに取り壊されたが、近年復元されている。なお、越前市内京町2丁目の千代鶴神社に書院が移築されているという。





観 光
織田剱神社
織田剱神社
 尾張・織田氏の出自は織田剱神社の神官だったとされ、境内には平重盛(小松殿)と織田信長を祭神とする小松建勲神社が本殿横に祀られている。
mapfan

越前陶芸村
丹生郡越前町小曽原7-8
TEL 0778-32-3200

広大な越前陶芸公園には芝生広場、岡本太郎のモニュメント作品などが点在し、陶芸教室なども開催され、家族で楽しめるエリアです。
mapfan


HOME福井県の城郭

近江の城郭