西光寺城(別名 保田城)
HOME 福井県の城郭
 城郭の概要
所在地:勝山市鹿谷町西光寺
別 名 :保田城
築 城 : −
初城主: −
区 分 :平山城
遺 構 :堀切,畝状堅堀
城 域 : −
      比高 約100m


 現地への案内
交通機関は車を利用
 
 詳細位置はコチラmapfan
 駐車場
 路上駐車
【訪 城】2004年8月,2007年4月
【撮 影】2004年8月,2007年4月

評価項目 見所評価
選地 ★★
縄張り ★★
普請 ★★
体力消耗度 ★★
お勧め度
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

西光寺城の鳥瞰図
西光寺城の鳥瞰図

 現地の状況
 保田城は九頭竜川の南、経ヶ岳(標高765m)のから東に延びる支尾根の先端、比高約100mの地点に築かれており、鹿谷保田地区と鹿谷西光寺地区の境界に位置しているためか、保田城とも西光寺城とも呼ばれている。

 登り口は鹿谷西光寺側の谷筋と、鹿谷保田の尾根筋を登る二つのルートがある。鹿谷西光寺側には「西光寺城」と白抜きの大きな看板が山裾に上げられているので判りやすい。

 鹿谷西光寺地区の南側谷筋から山中に入る。山道は登るに従い斜度は増し、尾根筋に出る手前では、ロープを頼りに急斜面を登り切る。尾根筋を少しくだって搦手から城域に入る、この間約15分。
 尾根筋には2本の堀切が配され、1本目の堀切は最大の規模で、城内からの深さは約15m。
主曲輪は北〜東〜南に帯曲輪を廻した2段の曲輪構成として緩斜面の尾根筋防御を意識している。また、北側斜面には深さ1mほどの畝状堅堀を配している。
 東に延びる尾根を下ると、鹿谷保田地区には真新しい「保田城址」の石碑が建てられていた。
保田城の石碑


 城郭の歴史
 西光寺城は、三室山城に籠もって平泉寺を滅ぼした島田将監の祖父・島田正保の城とされている。




観 光
福井県立恐竜博物館
勝山市村岡町寺尾51-11
TEL:0779-88-0001
大人:500円
年末年始休

mapfan


HOME福井県の城郭

近江の城郭