平泉寺城
HOME福井県の城郭
 城郭の概要
所在地:勝山市平泉寺町


別 名 : −
築 城 :南北朝期
初城主: −
区 分 :平城
遺 構 :土塁
城 域 :110m×140m
県指定史跡


 現地への案内
交通機関は車を利用


 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
路上駐車

【訪 城】2007年5月
【撮 影】2007年5月

評価項目 見所評価
選地
縄張り
普請
体力消耗度
お勧め度 ★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り


石畳と坊院跡

 現地の状況
 平泉寺跡と称される地域は、平成9年3月に平泉寺が国指定史跡に指定された平泉寺地区の東西2km、南北1kmの範囲で、指定された時に名称も「白山平泉寺城跡」から「白山平泉寺旧境内」に変更されている。

 平泉寺旧境内には縦横に石畳の道が通り、南谷坊院をはじめ多数の坊院跡が林の中に眠っている。


林の中の坊院跡

 城郭の歴史
 白山平泉寺は室町時代には9万石の寺領と48の神社,26の堂と6千を数える坊院が建てられていたと云われている。
 越前では享徳元年(1452)に起きた長禄合戦で朝倉孝景が台頭、応仁元年(1467)の応仁・文明の乱をきっかけにして、文明13年(1481)には朝倉氏が越前を統一する。平泉寺は朝倉氏の支配下に入り、朝倉氏の祈願所となった。

 天正元年(1573)江北小谷城の戦いで織田軍に敗れた朝倉義景は一乗谷城を捨て、大野平泉寺の力を利用し、信長に対抗しようとするが、平泉寺は大野を支配する戌山城の義景の従兄弟・朝倉景鏡(かげあきら)と組んで義景を裏切り、朝倉義景は宿舎の六坊賢松寺で自害し朝倉氏は滅びた。

 天正2年(1574)一向一揆が蜂起し、一揆勢は平泉寺が朝倉義景を裏切ったことを理由に攻め、平泉寺は焼き放たれ灰燼と帰した。
 その後豊臣秀吉などの崇敬を受けて再興するが、明治時代に入り神仏分離令により寺号を捨て現在の名前になった




観 光
新田義貞戦没伝説地(燈明寺畷)
新田義貞戦没伝説地
 新田義貞が暦応元年(1338)に、斯波高経の軍勢に出会い、無念にも敗れ戦死したと伝えられる場所。江戸時代に義貞のものと思われる冑が水田から発見され、当時の藩主・松平光通が義貞を称え石碑を建立した。国指定史跡となっている。

mapfan

藤島神社
福井市毛矢3丁目8-21
 新田義貞とその一族が祀られており、新田義貞が着用していたといわれる冑・鉄製銀像嵌冑が所蔵されている。
mapfan

お薦めの書籍






HOME福井県の城郭

近江の城郭