和田城
HOME愛知県の城郭
【城郭の概要】
所在地:豊橋市石巻本町嶬峨
別 名 :嶬峨城
築 城 : −
初城主: −
区 分 :平城
遺 構 :土塁,堀
城 域 :50m×40m


空堀
主曲輪西側の空掘

【現地への案内】
国道362号線和田辻の交差点の北西約700m、春興院の東隣
詳細位置はコチラ 

【駐車場春興院の駐車場を利用、約10台駐車可
【訪 城】2005年5月
【撮 影】2005年5月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★★☆
縄張り ★★☆  
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 豊川左岸の河岸段丘上に築城され、遠江から豊川へ抜ける姫街道(現国道362号線)と、豊橋から新城へ抜ける街道が交差する要衝の地にある。
 春興院の東隣、藪の中に入ると 削平地が広がり、周囲には低土塁が巡らされている。この削平地の東側に本格的な城郭遺構が残されているのだが、この削平地が城郭遺構であるかどうか自信がない。ここではこの削平地を便宜上 “二の曲輪” としておく。
 二の曲輪東側の主曲輪は南を頭とする砲弾型をしており、南北30m、東西25mほどの広さで、北側(背後)は川幅4〜5mの馬越川を控え、その比高差は約15m。
西側前面には堀と土塁を配し虎口を設けているが、平虎口なのか、食い違いなのか微妙な形状をしている。城内の土塁上から堀底までの深さは5〜6m、土塁の馬踏み幅が4〜5mほどもある。
 主曲輪東側には低土塁を廻し、切岸で処理している。現在では切岸下には道路が通っているが、当時は堀だった可能性も考えられる。

【城郭の歴史】
 詳細不明
HOME愛知県の城郭

近江の城郭