三河 堤本地城
HOME愛知県の城郭
【城郭の概要】
所在地:豊田市堤本町根岸
別 名 : −
築 城 : −
初城主:畠山六郎
区 分 :平山城
遺 構 :曲輪?
城 域 : −
      比高 10m

八幡神社前に立てられた石碑
八幡神社前に立てられた石碑

【現地への案内】
国道155号線、高岡町松葉の信号を約1.5km北上、八幡神社

細位置はコチラ 

【駐車場八幡神社境内に駐車
【訪 城】2008年4月
【撮 影】2008年4月


評価項目 評価(三段階評価)
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★☆☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)

【現地の状況】
 堤本地城はトヨタ自動車本社の近くにあって、周囲の丘陵地にはトヨタ自動車やその協力工場が立ち並ぶ、いわば現代のトヨタ城下町の一角にある中世の城郭である。

 八幡神社の境内が城域とされ、石段下には本地城の石碑が建てられ、東側の藪の中に帯曲輪らしきものが残る他は城郭遺構らしきものは残されていない。

八幡神社の境内
八幡神社の境内

【城郭の歴史】
 高岡町誌によれば、堤本地城は応永9年(1402)頃に、この地を領した畠山六郎によって築かれたとされる。
 その後、安城の本田氏が領したが、室町時代中期、本家畠山氏滅亡により、廃城となる。

HOME愛知県の城郭

近江の城郭