寺脇城
HOME愛知県の城郭
【城郭の概要】
所在地:北設楽郡設楽町大字東納庫
別 名 : −
築 城 : −
初城主:後藤弾正、奥平信光か?
区 分 :平山城
遺 構 :空堀,土塁
城 域 :100m×80m
      標高 680m
      比高 20m




土塁
主曲輪背後の土塁

【現地への案内】
国道257号線、名倉小学校前を東に入る、約1km
詳細位置はコチラ 

【駐車場専用駐車場あり
【訪 城】2003年5月
【撮 影】2003年5月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★☆☆
縄張り ★★☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 国道257号線から約1km、寺脇地区に入り、民家前のカーブミラーから幅1.5mほどの道から山中に入る。
登り始めてすぐに掘状の道になる、自然地形かどうか判断できないまま登ると、堀状の道は途切れる。切岸を左手に登ると40m×40mの主曲輪に出る。主曲輪には東〜北〜西に土塁が巡らされている。特に北側の土塁は高さ3〜4mにもおよぶ。土塁外周には空掘りも巡らされている。
曲輪周囲の堀と土塁
空堀

曲輪外周に空掘りを巡らせている構造からも、登ってきた堀状の道も、寺脇城東側の防御施設の可能性が高い。
周囲には階段状の削平地が数多く見られるが、植林の際に削平されたものと区別がつき難いが、寺脇城が比較的低い位置に築かれていることや主曲輪の構造から、寺脇城自体、単郭方形、もしくは主曲輪に幾つかの小曲輪を伴った構造と考えほうが妥当であろう。

【城郭の歴史】
 本丸を始め体裁の良く整った平山城。鎌倉末期には後藤弾正が在城したといい、戦国期名倉奥平氏の本城となる。
HOME愛知県の城郭

近江の城郭