挙母城
HOME愛知県の城郭
【城郭の概要】
所在地:豊田市小坂本町7丁目
別 名 :七州城
築 城 : −
初城主: −
区 分 :平城
遺 構 :石垣
城 域 : −


隅櫓
挙母城の隅櫓

【現地への案内】
豊田市美術館に隣接
細位置はコチラ 

【駐車場専用駐車場を利用
【訪 城】2003年4月
【撮 影】2003年4月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 国道153号線から豊田市美術館を方面に入ると、木々の間から挙母城の隅櫓が遠目に見え隠れする。はやる気持ちを抑えながら、到着して案内板を読むと模擬櫓、本物は石垣だけ。実によくで来ています。(^^;
 愛知県はこの手のお城が多すぎるようです。石垣だけの方が趣があって良いと思うのですが、お金があると造りたくなるのでしょうね。(^^)
 隣には寺部領主渡辺家の城内にあった書院と茶席が移築され、渡辺家10代規綱候が又日庵と称していたことから又日亭(ゆうじつてい)と命名されています。

【城郭の歴史】
 この城は7カ国が眺望できるところから「七州城」とも呼ばれ、桜城が工事建設途中で矢作川の氾濫により居城不能となったので、工事が変更され、天明2年(1782)完成を見たものであります。
 内藤氏が2万石の館として、学文(さとふみ)以降6代89年間続きましたが、明治4年にすべて建物が取り壊され、現在は隅櫓の石垣が往時の面影をとどめています。石垣は上辺部東西10.8m、高さ6mあります。
現地案内板より

HOME愛知県の城郭

近江の城郭