重原陣屋
HOME愛知県の城郭
【城郭の概要】
所在地:刈谷市下重原町5丁目
別 名 : −
築 城 :天文2年(1533)
初城主:板倉勝長
区 分 :陣屋
遺 構 :移築門、移築玄関
城 域 : ー


市指定史跡

石碑
重原陣屋跡の石碑

【現地への案内】
JR刈谷駅より県道48号線を東へ約1km、Aあいち中央重原支店を目当てに
細位置はコチラ 

【駐車場公民館前に駐車可
【訪 城】2004年10月
【撮 影】2004年10月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 猿渡川の右岸(北側)の河岸段丘に位置し、現在のJAあいち中央重原支店、および公民館の辺り一帯が重原陣屋跡とされる。
 30m〜40mほど北にある浄福寺横に重原陣屋跡の石碑と、福島領を示す「従是東福島領」の石碑が建てられている。この石碑は、江戸時代に東海道筋の福島領の西の端にあった(牛田村と池鯉鮒宿の境)ものが、ここに移築されたとのことである。
 なお、重原陣屋の門が願行寺(刈谷市半城土町)の山門として移築され、市文化財として指定されているが、門は度重なる改修で外観は新しく、保存状態は良いとは云えない。
願行寺に移築された門
移築門

 また、願行寺に隣接する十応寺にも重原陣屋の玄関が移築されているが、こちらも改修され、真新しい外観からは普通の家のものと変わらない。移築されたと云うことだけで、文化財としての価値はなさそうである。そのためか、十応寺前には案内板はあるが、「玄関」についての案内板はない。
 願行寺はこちら 

【城郭の歴史】
 刈谷城を中心に2万3千石の領地を支配していた刈谷藩主土井氏は西尾在城時から財政窮迫し、刈谷に替わってからも農民に多くの負担を与えたので、寛政2年(1790)に農民一揆が起こった。この結果、刈谷藩は寛政4年に1万3千石を奥州福島領・幕府領の一部と村替えの処分を受け、重原,高須,半城土,野田などの村々は福島領となり、福島藩は重原村に陣屋をおいてこれらの飛地を支配した。
刈谷市教育委員会


HOME愛知県の城郭

近江の城郭