大野城
HOME愛知県の城郭
【城郭の概要】
所在地:常滑市金山字桜谷城
別 名 :佐治城,宮山城
築 城 :天正12年(1584)
初城主:織田長益(有楽斎)
区 分 :平山城
遺 構 :空堀
城 域 :27m×136m



大野城本丸址
大野城本丸跡

【現地への案内】
国道155号線から青海山団地を経て、城山近隣公園へ
細位置はコチラ 

【駐車場大野城観光駐車場に約10台
【訪 城】2001年7月
【撮 影】2001年7月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 国道155号線から城山近隣公園への標識があり、青海山団地方面に入るが、団地の中がいたってややこしい。(^^;
 本丸には、鉄筋コンクリート3階建ての模擬天守閣が建ち、切岸はなだらかな斜面にして芝生が植えられるなど、城址はすっかり公園化している。
周囲は住宅地として開発されており、城域の南側は丘陵地が大きく削り取らてしまっている。かろうじて残っているのが佐治神社境内の土塁である。
模擬天守閣


【城郭の歴史】
 大野城の創築は定かではない。源頼親の後裔の大野氏が大野庄に入国し、その後足利一族の一色氏の領国となり、一色氏の家臣・佐治駿河守範光が大野庄の代官 として赴任。天正12年(1585)、小牧・長久手の戦いで信雄と共に行動を起こしたため、所領を没収され、織田長益(有楽斎)が大草に大草城を築き、大野城は廃城となる。

 なお、織田有楽斎の墓は京都市東山区大和大路四条下がる の正伝永源院にある。

HOME愛知県の城郭

近江の城郭 近江の城郭に戻る