奥田城
HOME愛知県の城郭
 城郭の概要
所在地:知多郡美浜町奥田字谷
別 名 : −
築 城 : −
初城主:水野勝重
区 分 :平山城
遺 構 :土塁,空掘
城 域 : −
      比高 30m

 現地への案内
交通機関は車を利用
 名鉄知多新線奥田駅の北、約500m。
国道247号線、奥田北の信号を東に入り、名鉄知多新線のガードをくぐって、スグに右折、更に50mほど先の名鉄ガードをくぐって左手の山林。
 詳細位置はコチラ
 駐車場
駐車:路上駐車
【訪 城】2006年5月
【撮 影】2006年5月

評価項目 見所評価
選地 ☆☆
縄張り ☆☆
普請 ★★
体力消耗度 ☆☆
お勧め度 ★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

空堀
主曲輪西側の空掘

 現地の状況
 竹林の中に道がつけられており、数分で城域に入る。
奥田城は比高30mほどの小さな小山全体を城域とし、山頂の主曲輪と、主曲輪の南に連なる二の曲輪を中心として、周囲に曲輪を配した比較的単純な構成をしている。
 曲輪は広範囲に広がり、防御施設は主曲輪の北から西に幅4〜5mの空掘を配しているだけで明確な防御思想がなく、館城といった印象を受けた。
各曲輪内部には排水用の溝が掘られており、施設が長期間使用されていたことを窺わせた。

曲輪
主曲輪西側下の曲輪

 城郭の歴史
 水野忠重(緒川城主)の子・勝重が築いて居城とした。




観光
えびせんべいの里
 南知多自動車道、美浜ICを降りるとスグに、えびせんべいの里がある。
 各種えびせんべいを販売、試食は食べ放題、お茶やコーヒーのサービスもあり、是非とも立ち寄りたい。(^^)

野間大坊

 
平治の乱で敗れた源義朝が東国に落ち延びる途中、家臣の長田忠致をたより野間で逗留していたときに長田父子に討たれた。その義朝の墓が野間大坊の一画にある。
また、義朝の墓の横には、天正11年に羽柴秀吉に敗れ、野間の地で自刃に追い込まれた織田三七信孝(信長の三男)の墓もある。

 義朝が湯殿で襲われた地である法山寺、信孝が自刃した安養寺も近くにあり、是非とも併せて廻りたい。



日帰り温泉情報

白砂の湯
知多郡南知多町内海浦向54-15
TEL 0569-62-2600
・大人 1,000円
mapfan

HOME愛知県の城郭

近江の城郭 近江の城郭に戻る