岡部城
HOME愛知県の城郭
【城郭の概要】
所在地:南知多町内海字城山
別 名 :内海城
築 城 : −
初城主:佐治爲縄
区 分 :山城
遺 構 :土塁,土橋
城 域 : −


岡部城
岡部城の山を遠望

【現地への案内】
 国道247号線、うつみ食堂横を北に入る。城下公園の背後の山、通常城山と呼ばれている山。
細位置はコチラ 

【駐車場
【訪 城】2005年4月
【撮 影】2005年4月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 岡部城の築かれている山は比高50〜60mほどの小さな山であるが、東と西の尾根筋を除いては周囲は切り立った崖状をなし、尾根筋以外からのアプローチは容易ではない。

 城下公園から反時計廻りに山麓を迂回すると、東側尾根からの登城道がある。「城山 四天王まで500m」の小さな看板から2分ほども登ると尾根筋に出る。
 尾根左手には登ってきた道を見下ろす形で土塁を伴った曲輪が配置され、右手尾根を進むと、意図的に尾根幅を細くして造られた土橋と2折の虎口を経て主曲輪に至る。

 主曲輪は30m×70mほどで、削平状態も良好である。主曲輪の西側端には高さ1〜2mほどの土塁を配し、土塁を越えると尾根を削り取り、比高差7〜8mほどの切岸を作り出している。 派手さはないが、ポイントを押さえている点では、城造りの手本と云っても良い。
土橋と虎口
土橋と虎口

【城郭の歴史】
 詳細不明

HOME愛知県の城郭

近江の城郭 近江の城郭に戻る