西原館
HOME愛知県の城郭
【城郭の概要】
所在地:宝飯郡一宮町大字一宮
別 名 :尼の御所
築 城 : −
初城主: −
区 分 :館城
遺 構 :土塁,空掘
城 域 :70m×70m

空堀
成徳寺境内周囲の空掘

【現地への案内】
JR飯田線の三河一宮駅から剣道498号線を南西へ、篠田の交差点から北上して西原地区の成徳寺
細位置はコチラ 

【駐車場成徳寺の駐車場を利用
【訪 城】2005年10月
【撮 影】2003年10月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)

【現地の状況】
 成徳寺の境内周囲に土塁、空掘が巡らされており、特に北側の空掘はも2mほどの深さもあり、十分堪能出来る。特に方形の曲輪から張り出した櫓台状(5m×10m)の周囲にも空掘が巡っているの注目され、後年に改修されたものであることはおそらく間違いない。
 なお、成徳の山門前の道路を隔てた空地に土塁、および山門の北東部には低土塁と空掘状の地形が認められるが、成徳寺周囲の土塁,空掘と関連した遺構かどうかは判断がつかなかった。

【城郭の歴史】
 「尼の御所」の伝承や、「堀之内」などの地名があり、地頭・荘官クラスの屋敷跡と推定されている。

HOME愛知県の城郭

近江の城郭 近江の城郭に戻る