尾張 中島砦
HOME愛知県の城郭
【城郭の概要】
所在地:名古屋市緑区鳴海町下中
別 名 : −
築 城 : −
初城主: −
区 分 :平城
遺 構 : −
城 域 : −

中島砦の石碑
中島砦の石碑

【現地への案内】

細位置はコチラ 

【駐車場駐車場はありません
【訪 城】2007年10月
【撮 影】2007年10月


評価項目 評価(三段階評価)
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★☆☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)

【現地の状況】
 中島砦は扇川と手越川が合流点付近に築かれ、合流点から手越川沿いに約100mほど遡った民家の庭先に中島砦の石碑が建てられている。
ご好意により、庭先まで入ることができる。

この中島砦は信長が鳴海砦を包囲するために築いたとされ、その鳴海砦までは700〜800m、その他善照寺砦や丹下砦など信長方の砦が隣接し、桶狭間の戦いの前哨戦が極めて局地戦であったことが窺い知れる


中島砦跡
中島砦跡

【城郭の歴史】
 中島砦は、永禄2年(1559)織田信長が今川義元の尾張進攻に備えて築いた砦のひとつで、丹下砦などと共に今川方の鳴海砦を包囲する最前線に位置していた。

HOME愛知県の城郭

近江の城郭