丸根城
HOME愛知県の城郭
【城郭の概要】
所在地:豊田市野見町7丁目
別 名 : −
築 城 : −
初城主: −
区 分 :平山城
遺 構 :土塁,空掘,堀切
城 域 :150m×150m

     標高 54m
     比高 15m


馬出曲輪周囲の空堀
馬出曲輪周囲の空掘

【現地への案内】
国道301号線御立町の信号を南へ約700m
細位置はコチラ 

【駐車場専用駐車場を利用
【訪 城】2003年4月
【撮 影】2003年4月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★★★
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★★
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 丸根城は矢作川が「鵜の首」と呼ばれ、最も狭くなる野見地区の東側台地上に築城されており、城の背後を矢作川に守られた地形となっている。
曲輪配置は方形の主曲輪(50m×60m)と、主曲輪北側の虎口前面に半円形の曲輪を配した小さな城であるが、矢作川の段丘を利用しているため、南および西側は崖状もしくは急斜面である。前面の台地状地形に対しては北から東にかけて空堀を巡らせており、丘城としては実に理にかなった縄張りをしている。
 この城の特徴は周囲に巡らせた空堀以外に、主曲輪の虎口前面に半円形の曲輪を配していることである。この半円形の曲輪は周囲に空堀を伴っているため、武田の丸馬出に酷似している。(^^)
しかしながら、主曲輪から馬出状曲輪へは高低差が約1mがあり、このあたり武田の丸馬出とは機能的に異なると考えられる。武田の丸馬出には、こうした高低差はなく、丸根城の場合は主曲輪と馬出状曲輪が機能的に一体化していない。

 また丸根城の場合、正確には北曲輪は主曲輪の虎口の前面には配置されておらず、虎口横にあって、城の北と東に対する備えを担った曲輪であると考えられる。つまり、馬出ではなく、出曲輪的な存在であると考えられる。
こうした丸根城の縄張りの延長線上に、武田の丸馬出に酷似した遠江の佐久城(静岡県引佐郡三ヶ日町)があるのではないだろうか。
 いずれにしても、こうした半円形の馬出状曲輪は非常に珍しく、三河における築城技術の発達を観ていく上で興味深い城である。
 なお、南斜面に残る石積みは明治用水建設時の石取り場の跡だという。

丸根城の縄張り

【城郭の歴史】
 
丸根城は矢作川が豊田の市街地を抜けて最も川幅が狭くなる通称「鵜の首」の東岸にあり、台地の先端に位置している。
 城の北側は台地に続く地形であるため、大きく空掘が巡らされている。南側は小さな谷地形をそのまま利用した自然の堀となっている。城の大きさは18,000m2、北,西,東の三方に空掘を巡らしている、主郭は大きく
4,950m2のほぼ長方形でかっては館跡を思わせるコの字形の土塁の痕跡があった。

 現在その形に植栽を施し、形だけ復元している。北西隅には井戸跡をふさいで山の神を祀った祠がある。主郭の東側には半円形の北曲輪がある。北曲輪は幅10m、深さ6mの深い堀に取り囲まれており、台地と城を分断している。主郭と北曲輪の間は幅5m、深さ4mに堀割られ、この中は通路になっている。
 また、城の南東、南西側の左図で着色されていない部分は後生の削平である可能性もあり、現状では城の遺構か否か判断がし難い。 堀と谷を巧みに使った堅固な構えの城は、矢作川の要地に睨みを利かせていた。
豊田市教育委員会

HOME愛知県の城郭

近江の城郭 近江の城郭に戻る