川尻城
HOME愛知県の城郭
【城郭の概要】
所在地:南設楽郡作手村清岳
別 名 : −
築 城 :応永年間(1394〜1428)
初城主:奥平氏
区 分 :山城
遺 構 :土塁
城 域 :57m×32m
     標高 570m
     比高 33m

土塁
主曲輪周囲の土塁
車
【現地への案内】
国道301号線川尻地区の交差点を東に約1km
細位置はコチラ 

【駐車場山頂近くの空地を利用、1台駐車可能
【訪 城】2002年3月
【撮 影】2002年3月

メモ
評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)

【現地の状況】 現在では、創造の森城山公園として整備されている。車で山頂近くまで上ることは可能だが、道が狭いため対向は不可、運転に自信のない人は徒歩で歩いた方が賢明です。私がもう一度行くとしたら、歩いて登ります。(^^)
 主曲輪周囲には1m足らずの低土塁が巡らされている。山頂付近に雑木がほとんど無いため、低い山ながら眺望は抜群。

川尻城遠望
川尻城の遠望

 近くにある古宮城は見事な土塁や堀が残っておりお勧め。

【城郭の歴史】
 川尻城は応永年間(1394〜1428)に奥平貞俊によって築城された中世の山城である。標高570m、比高差40mの独立丘で、山上の本丸は東西75m、南北32mの楕円形をしており、当時は周囲に土塁を巡らしていたと考えられる。
後に貞俊は川尻城が手狭となり、より広い清岳の亀山城を築き移った。  作手村教育委員会
HOME愛知県の城郭

近江の城郭 近江の城郭に戻る