岩崎城
HOME愛知県の城郭
【城郭の概要】
所在地:日進市岩崎町市場67
別 名 : −
築 城 :天文7年(1538)
初城主:丹羽氏清
区 分 :平山城
遺 構 :土塁,空掘,土橋,井戸,模擬天守
城 域 :150m×180m
     比高 40m





空堀
本丸〜二の丸間の空掘
車
【現地への案内】
日新市役所の北約1km岩崎城址公園
細位置はコチラ 

【駐車場専用駐車場
【訪 城】2003年9月
【撮 影】2003年9月

メモ
評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★☆☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 岩崎城は岩崎城址公園として整備・保存されており、本丸跡には昭和62年に建築された模擬の天守閣が建っている。この天守閣、ニセモノの城とは云え、良く出来ています。(^^;
 一方、裏手(北)に廻ると、本格的な中世城郭の遺構も残っており、「一粒で二度美味しい」お城とも云えなくはない。(^^)
模擬天守閣
模擬天守閣

 頂部の本丸の北側に櫓台を設け、空掘を挟んで二の丸、西側に北の曲輪が当時の状態で保存されています。二の丸は馬出状曲輪で規模といい、なかなかものです。
縄張り的の面白いのは、本丸と二の丸の間に設けられた櫓台、この櫓台からは二の丸から本丸へ通じる土橋を斜め上方から見下ろす形になっており、守備の要となっています。


 岩崎城の北、約3kmほどの所に長久手古戦場があります・・・・・事前に知ってたら、当然寄ってくるのですが、知らなかった。(^^;

【城郭の歴史】
 岩崎城は享禄年間、織田信秀の持ち城であった。その後、丹羽氏清が城主となって、氏識、氏勝、氏次の4代が60余年在城した。

 天正12年(1584)の小牧長久手の合戦の時、留守を預かっていた氏次の弟氏重が羽柴秀吉方の池田隊に攻撃されて守備の城兵全員が討ち死にした。その後この城は廃城となった。

HOME愛知県の城郭

近江の城郭 近江の城郭に戻る