羽栗城
HOME愛知県の城郭
【城郭の概要】
所在地:岡崎市羽栗町字城山
別 名 :山中城
築 城 :戦国時代初期
初城主:西郷弾正左衛門尉
区 分 :山城
遺 構 :土塁,堀切,竪堀,土橋
城 域 :
400m×200m
     標高 196m
     比高 100m


堀切の一部

【現地への案内】
国道1号線、山中北小学校の信号を西に入り、700m〜800m走ると右手に見える。
細位置はコチラ 

【駐車場空地を利用
【訪 城】2001年8月
【撮 影】2001年8月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 国道1号線、山中北小学校の信号を西に入り、700m〜800m走ると右手に見える山に葉栗城は位置しているが、進行方向側には標識はない。反対車線からのみ見える小さな標識が目印となる。(^^;
墓地の裏から約10分ほど登ると左手に堀切が現れ、ここからが城域となる。

 標高約200mの山頂付近を中心として、北側に派生する三つの支尾根城に曲輪を配した連郭式の山城で、最頂部の曲輪を主曲輪とし、その北西側に連続する曲輪を二の曲輪として、ここから北に延びる支尾根の防御拠点としている。
 また、主曲輪の北東にある曲輪周囲には土塁を巡らし、虎口形態も複雑で、主曲輪よりも後年の改修の跡を感じられる、徳川による改修か。
城域は広く、各尾根筋や斜面に掘られた10本を越える堀切や竪堀が見所である。

【城郭の歴史】
 岡崎城主西郷(松平)信貞の居城であったが、大永4年(1524)安祥城に居城した松平清康の奇襲を受け、一夜にして落城した。その結果、信貞は清康に属し、岡崎城を明け渡すこととなった。その結果、駿河今川義元の西三河進出、徳川家康の東三河進出の拠点となった。

 この城跡は標高196mの山頂の主郭を中心として、東,北東,北西に延びる尾根筋に曲輪を重ねた連郭式の構造で、東西400m、南北200mという県下最大級の規模を持つ山城である。この地方に現在残されている山城の中でも、その遺構を良くとどめており、貴重な史跡である。
岡崎市教育委員会

HOME愛知県の城郭

近江の城郭 近江の城郭に戻る