五本松館(五本松城A)
HOME愛知県の城郭
【城郭の概要】
所在地:豊橋市石巻中山町字五本松
別 名 : −
築 城 : −
初城主:西郷弾正左衛門正勝
区 分 :平城
遺 構 :曲輪跡
城 域 :150m×150m


五本松館
五本松館

【現地への案内】
県道81号線西郷小前の交差点を東入る、石巻中山町公民館南東約200m
詳細位置はコチラ 

【駐車場路上駐車
【訪 城】2005年5月
【撮 影】2005年5月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆  
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 石巻中山町の公民館の南東約500mほどの山麓の一画に、田圃2枚ほどの広さで、道路より1mほど高くなった所が五本松館跡である。
 愛知県中世城館跡調査報告書には「五本松城A」として記載されているが、背後の山に五本松城があり、ややこしいのでは、ここでは「五本松館」と表記した。
 なお、この館跡より西に石巻中山町弾正屋敷跡、石巻中山町城屋敷という字名が残っている。

【城郭の歴史】
 五本松城は戦国時代、嵩山・西郷地区に勢力を誇っていた豪族西郷氏により築城された。築城者は西郷弾正左衛門正勝といい、徳川二代将軍秀忠の生母愛の方(西郷局)の外祖父にあたる。五本松城は城と云うより館であったが、相当大きな居館であったと思われる。
現地案内板より
HOME愛知県の城郭

近江の城郭 近江の城郭に戻る