下条(げじょう)館
HOME愛知県の城郭
【城郭の概要】
所在地:豊橋市下条東町字古城
別 名 : −
築 城 : −
初城主: −
区 分 :平城
遺 構 :土塁,堀
城 域 :150m×150m


宅地の西側に残る堀跡

【現地への案内】
国道362号線当古橋東の交差点を南入る、約700m南下、金西寺
詳細位置はコチラ

【駐車場金西寺の駐車場を利用、約20台駐車可
【訪 城】2005年5月
【撮 影】2005年5月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆ 
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 金西寺から西へ約100m、柿畑の南側の宅地。この住宅だけが周囲の地形から比べて、約1mほど高くなっており、当時の面影を残している。また、宅地の北〜西側に、僅かながら堀跡が残っている。

【城郭の歴史】
 白井麦右衛門が城主とされるが、天正2年(1574)野田城城主・菅沼定盈(さだみつ) が在城した下条堀内村古屋敷と混同されているとも考えられており、詳細は明かでない。
HOME愛知県の城郭

近江の城郭 近江の城郭に戻る