三河 大観音城
HOME愛知県の城郭
【城郭の概要】
所在地:豊田市足助町岩崎
別 名 : −
築 城 : −
初城主: −
区 分 :山城
遺 構 :曲輪
城 域 :90m×30m
     標高 240m
      比高 120m

大観音寺の曲輪
大観音城の曲輪

【現地への案内】
国道153号線今岡の信号で真弓橋を渡りすぐ右折、観音寺へ

細位置はコチラ 

【駐車場観音寺周辺に駐車場は無く、最寄りの駐車場を利用

【訪 城】2008年4月
【撮 影】2008年4月


評価項目 評価(三段階評価)
選地 ★★
縄張り ★★
普請 ★★
体力消耗度 ★★
お勧め度 ★★
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)

【現地の状況】
 大観音城は真弓山城(足助城)飯盛山城,臼木ヶ峯城,城山城, 成瀬城、および黍生城(きびゅうじょう)と共に足助七城(足助七屋敷)に数えられる。
 足助七城のなかでは東端に位置し、真弓山城(足助城)とは足助川を挟んだ対岸の山に築かれている。

 観音寺への道を登ると約10分、観音寺本堂の一帯が居館跡とされ、本堂から山頂までの間に曲輪が続き、山頂の主曲輪から派生する東尾根と北尾根にも曲輪を確認することができる。

 本堂下の曲輪からは足助の町を一望できるが、残念なことに南側に位置する真弓山(真弓山城)、および南西に位置する飯盛山城(飯盛山)は雑木のために見えなかった。
観音寺への登り口
観音寺への登り口

【城郭の歴史】
 足助七城のひとつとされるが、詳細は不明


大観音城をもっと紹介

観音寺背後の尾根上の登城道
観音寺背後の尾根上の登城道

山頂の曲輪
山頂の曲輪
HOME愛知県の城郭

近江の城郭