三河 葦香城(あしかじょう)
HOME愛知県の城郭
【城郭の概要】
所在地:知立市八橋町城下
別 名 :八橋古城
築 城 : −
初城主:村上兵部兼房
区 分 :平城
遺 構 :曲輪,土塁?
城 域 :100m×90m


葦香城の石碑

【現地への案内】
名鉄三河八橋駅の南西約500m

細位置はコチラ 

【駐車場空地を利用
【訪 城】2008年4月
【撮 影】2008年4月


評価項目 評価(三段階評価)
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★☆☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)

【現地の状況】
 逢妻男川の左岸にあって、新興住宅の中にある小さな児童公園(城下公園とも葦香城公園ともいう)一帯が葦香城である。
 発掘調査によって土塁や堀などが検出されたようであるが、地表面の観察ではそれらしきものは認められない。周囲の宅地よりも微高地となっている地形が、唯一城郭跡を感じさせるだけであった。

 訪れた時は発掘調査中で、城域は小さな公園を残し再開発され宅地になってしまうのかもしれない。


葦香城公園の遠景

【城郭の歴史】
元慶5年(881)に無量寿寺を守るために村上氏が在城したとされる(知立市誌)

HOME愛知県の城郭

近江の城郭