三河 安代城
HOME愛知県の城郭
【城郭の概要】
所在地:豊田市富岡町寺洞
別 名 : −
築 城 : −
城 主 :原田源左衛門
区 分 :平山城
遺 構 :堀切,土塁
城 域 :50m×30m
     比高 20m

主曲輪背後の堀切
主曲輪背後の堀切

【現地への案内】
国道153号豊岡の信号から約300m、喫茶店テラコッタの手前を右手に約100m、二叉の道を左手、突き当たり


細位置はコチラ 

【駐車場空地を利用
【訪 城】2008年4月
【撮 影】2008年4月


評価項目 評価(三段階評価)
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)

−御 礼−
 安代城への訪城時には、城下にお住まいのご主人に駐車場の利用など、大変お世話になりました。
改めて御礼申し上げます。

 
訪城時に頂いて帰りました “ヤーコン” すくすくと育っています。秋の収穫が楽しみです。
2008年5月30日 野暮


【現地の状況】
 安代城は、足助七城のひとつとされ、足助城(真弓山城)から北東に約3km、国道153号線(飯田街道)沿いに位置している。

 民家の横から小道を登ると畑地にでる。この畑地も既に城域の一部である。林の中の主曲輪は背後に切り出し大土塁を配し、土塁後方には薬研堀の堀切を入れ尾根筋の分断が図られている。
 畑地の西側(飯田街道側)の竹林の中にも曲輪が認められる。なお、安代城へは民家の庭先を通ることになるので、ひと言ことわりを入れたい。

主曲輪の切り出し土塁
主曲輪の切り出し土塁

【城郭の歴史】
 築城年代は定かではないが、原田源左衛門が在城し、元亀2年(1571)に武田氏に攻められ落城したとされる。

HOME愛知県の城郭

近江の城郭