信玄堤

 甲府盆地は古来から釜無川、御勅使川、笛吹川などの氾濫原で、特に御勅使川は日本有数の扇状地を流れ、多量の土砂を釜無川に運び、その河床を上げ、水位を高くし、堤防の決壊を繰り返す甲州第一の水難場として恐れられていた。
天文10年(1541)甲斐の国主となった武田信玄公は、この地帯の民生安住のため、大治水計画をなし、翌年、工事に着手した。時に信玄公21歳であったという。以来約20年の歳月を費やし、この大土木工事を完成させた。
 信玄堤の特色は単なる堤防だけでないところに意味がある。すなわちそれまで扇状地を自由奔放に流れていた御勅使川の流れを竜王の高岩にぶつけ、水勢を削ぐ方法をとった。
まず、六科の西方に「将棋頭」と呼ばれる圭角の石積み堤を築いて分流させ、割羽沢の合流を調整するために、第二の将棋頭を築き、更に釜無川との合流点に「16個の巨石」を配列して流れが高岩に向かうようにした。こうして最後に高岩より下流に約360mのねんどによる堤防を築きそれと平行して約2,000mにわたって堅固な石積みを築き、さらに石積み堤の前には33本の「付出し」をつくり水をはねる役割を持たせ、その間には聖牛等を並べたものと思われる。また堤防の一番上流には「一の出し」。「二の出し」と称する出しを設けた。
 この様に釜無川を甲府盆地へ氾濫させずに下流へ誘導する目的で築かれたのが信玄堤であり、信玄公の治水事業の中でもこの堤防が最も有名である。
 信玄公はこの堤防工事のため治水の神様である三社神社を敬い堤防をその参道とし、祭りの神輿を通す道とした。この祭りが「御幸祭り」で信玄公以後盛大になり古くから県内の三大祭りに数えられると共に全国でもまれに見る水防祭りでもある。信玄公は堤防を参道としたのは踏み固めることにより堤防をより堅固にするためであり、以後参拝の人々によって踏み固められますます堅固になったという。さらに堤防の維持管理にあたらせるために竜王に河原宿という集落を造った。信玄公は工事はもとより後の維持管理にも心配りをしていたのである。
この様に甲府盆地を水害から守るために御勅使川および釜無川を含めて自然の力を利用した総合的な治水計画を立てると共に、当時の材料(主として土、木、石など)を最大に利用して聖牛などの創意工夫を行った信玄公の偉大さを感じさせる。この信玄堤は明治29年に破損したものの約350年間もの長きにわたり洪水を防いできたことからも、いかに立派な堤防であったかが窺われる。
この信玄公による事業は、我が国における初めての本格的な治水事業であり、その後、これらの工法は「甲州流治水工法」として全国各地で受け継がれ、現在でも河川工学の手本とされている。
   −現地案内板より−


信玄堤



信玄堤の概略図


【所在地】甲斐市竜王1989
詳細はコチラ

【訪問日】2002年8月12日
【現地を訪れて】
 信玄堤というものが、どのような規模のものか分からないまま、現地で車を走らせ、「信玄堤」の看板を見つけた。案内板で信玄堤を理解するに至って、堤の横を走っていたことに気がついた。(^^;
それにしても巨大な土手である。その上、川の流れを変える工事を人手で成し遂げた訳だから、大変な土木工事であったことが窺える。






武田氏ゆかりの史跡に戻る


 近江の城郭に戻る