HOME武田氏ゆかりの史跡
乾徳山 恵林寺

武田信玄の菩提寺

 臨済宗妙心寺派の名刹で、元徳2年(1330)の創建。往古は、鎌倉、円覚寺派で関東準十刹の寺格を有す。元徳2年当時甲斐牧ノ庄と称した当地地頭職(領主)二階堂出羽守貞藤(
道蘊)が、七朝帝師と尊称された夢窓国師を招き自邸を禅院としたのに始まる。戦国時代武田信玄の尊崇を受けた快川国師の入山で寺勢を高め、永禄7年(1564)信玄自ら寺領寄進し当山を菩提寺と定めた。境内には本堂、庫裡、開山堂、赤門(重文)、三重塔がならび巨刹らしい雰囲気である。三門に掲げられた快川国師の「安禅不必須山水、滅却心頭火自涼」は有名。また境内の信玄公宝物館には、武田氏関係の貴重な資料を常時公開。
山梨県塩山市
恵林寺


恵林寺四脚門(重要文化財 明治40年8月28日指定)

 丹塗りの門であるところから通称「赤門」と呼ばれている、切妻造り、檜皮葺きで、本柱、控柱とともに円柱を用い、柱には綜形が付けられ、柱下には石造礎盤が置かれている。中通しの本柱は控柱より太く大きく、これを桁行に通した頭貫で繋ぎ、その上に台輸を架し大科枠・肘木・実肘木を組み、軒先を海老紅梁で繋いでいる。
このように極めて簡単な構造であるが、全体に木割りが大きく、その意匠は雄大であり、桃山期の豪放な気風をよく表している。

恵林寺山門
四脚門、通称赤門


恵林寺三門 付棟札一枚(山梨県指定文化財 昭和60年3月19日指定)

 構造は一門一戸、楼門形式、この門を「三門」と称するのは、仏殿前に位置し仏殿を法空・涅槃模試、そこへ入る端緒たる三解脱すなわち空門・無相門・無願門の意による三解脱門の略で、快川国師が織田軍の兵火で焼き討ちを受けた折り、「安禅必ずしも山水を須いず、心頭を滅却すれば火自ら涼し」と唱えて火定した場所に建つ。
 四本の隅通し柱は、階下が角柱造り、階上部分を円柱造りとする技巧を凝らし、実肘木・板肘木・木鼻などに見られる渦巻き状の絵様は室町末期から桃山期にかけての名作技法である、小規模ながら総体的に溢れる重厚・荘厳さは、同時代の建造物の中でも逸品とされている。
平成7年3月 塩山市教育委員会
恵林寺の山門
恵林寺の三門


心頭を滅却すれば
三門には快川国師が唱えた「心頭を滅却すれば・・・」が掲げられている


【所在地】 山梨県塩山市小屋敷2280
詳細はコチラ

【訪問日】2004年8月9日

【現地を訪れて】
 幼い頃から「心頭を滅却すれば・・・・・」と聞いていた恵林寺・快川国師の山門を見て、感慨無量(^^)

お薦めの書籍
お勧め度




お勧め度




お勧め度




武田信玄の旗印



孫子の句を引用した武田信玄の旗印
風林火山(実物大旗)
の複製品を販売



HOME武田氏ゆかりの史跡


 近江の城郭に戻る