信長公記に見る近江の城郭  
 「信長公記」は太田牛一が慶長の頃(1600年頃)に著した織田信長の伝記であり、首巻および一巻から十五巻までの、計十六巻より構成されています。著者の太田牛一(1527〜1610)は織田信長(1534〜1582)の側近として仕えながら、書き上げたもので、歴史書としても信憑性が高いとされています。
 この「信長公記」には永禄11年に信長が近江侵攻して以来、近江に関する記述が多く見られます。
このページでは「信長公記に見る近江の城郭」と題して、織田信長との関わりを含め近江の城を紹介します。

 また、従来より織田信長に関する読み物などで近江が紹介される場合、ほとんどが信長から見た近江の武将、あるいは歴史であり、一方的な見方しかされておりません。
ここでは、サブテーマとして「近江人から見た信長公記の世界」として、浅井三代記や滋賀県の郡志等を参考にして、信長公記に客観性を持たせてみたい想いの中で、掲載してみました。

巻一 永禄十一年 (1568)

一乗院殿佐々木承禎朝倉御憑叶わざる事
   
一乗院(足利義昭)は六角承禎、あるいは朝倉義景を頼り、三好一党を排除して京に帰ろうとするが、叶わず。
          ・矢島御所  ・和田城
     

信長御入洛十余日の内に、五畿内隣国仰せ付けられ、征夷将軍に備へらるゝの事

   浅井氏と縁戚関係を結んだ信長は江南の六角氏を箕作城,観音寺城に攻める。
      佐和山城  ・箕作城  ・観音寺城
     

巻三 元亀元年 (1570)
越前手筒山攻め落とせらるゝの事 
   越前攻めをする織田信長の背後で浅井長政は反復し信長軍の退路を断つが・・・・
        ・手筒山  ・金ヶ崎城  ・疋壇城  ・宇佐山城  ・永原城  ・長光寺城


★千種峠にて鉄砲打ち申すの事

★落窪合戦の事
の事

たけくらべ・かりやす取手の事
   信長の調略によって、浅井・朝倉方の砦は戦わずして落ちる。
        ・長比城  ・刈安尾城  ・上平寺城  ・鎌刃城


★姉川合戦の事

★野田福島御陣の事

★志賀御陣の事


巻四 元亀二年 (1571)
★佐和山渡し進上の事

★箕浦合戦の事

★志むら攻めほさるゝの事

★比叡山御退治の事



巻五 元亀三年 (1572)
★むしゃの小路御普請の事

★奇妙様御具足初めに、虎御前山御要害の事



巻六 元亀四年 (1573)
★石山・今堅田攻められ候の事

★百済寺伽藍御放火の事

★大船にて高島へ御働き、木戸・田中両城せめらゝの事

★阿閉謀反の事



巻七 天正二年 (1574)
★佐々木承禎、石部城退散の事

★百済寺伽藍御放火の事

★大船にて高島へ御働き、木戸・田中両城せめらゝの事

★阿閉謀反の事




− 参考資料 −

改訂 信長公記 桑田忠親校注 新人物往来社
浅井三代記
朝倉始末記
東浅井郡志
甲賀郡志
武功夜話 吉田蒼生雄訳注 新人物往来社
戦国軍記の研究 笹川祥生著 和泉書院




近江の城郭に戻る