信長公記に見る近江の城郭    巻三 元亀元年 (1570)

HOME信長公記に見る近江の城郭
越前手筒山攻め落とせらるゝの事
信長公記訳

 4月20日、信長公は京都より越前に向けて軍を発進させられた。坂本を過ぎ、その日は和邇で野営し、翌21日は高島の田中城に宿泊。22日は若狭の熊河松宮玄蕃所に御陣宿された。
23日に佐柿の栗屋越中守の城に到着し、翌日も逗留し25日に越前の敦賀方面に軍を出された。
信長公は馬にて駆け廻って状況を確認した後、@手筒山への攻撃を開始された。この手筒山は山は低いが峻険で、唯一攻撃可能な東南側は断崖であった。しかし幾度も攻撃を下知され、将兵達は一命を賭けて攻め寄せれば、間もなく城内に攻め入ることが出来、千三百七十の敵兵を討ち取った。
 手筒山城に隣接するA金ヶ崎城には朝倉景恒が立て籠もっていた。この金ヶ崎城も翌日には攻めかかるところであったが、城兵は次々に降参し城を退出した。B疋田城の城兵も、また城を捨てて立ち退いた。
信長公は疋田城に滝川喜右衛門と山田左衛門尉を差し向け、塀,櫓等を倒し、城を取り壊させた。
 
 C木の芽峠を越えて越前に進軍しようとしたときに江北の浅井長政が裏切ったという知らせが次々にもたらされた。しかし、信長は浅井長政は娘婿である上、江北一帯を所領として与えており裏切るはずがない、何かの間違いではないかと思案していたところ、方々より浅井裏切りとの知らせが入り、是非に及ばずと金ヶ崎城に木下籐吉郎を残し、朽木信濃守(朽木元綱)の案内で朽木越えをして4月30日に京都に戻られた。
京へ立ち戻られた信長公は、すぐさま明智十兵衛、丹羽五郎左衛門の二人を若狭へ差し遣わし武藤上野から人質を取ってくるよう命じられた。命を受けた二人は武藤上野の母を人質として取り、武藤の城を破却させ、5月6日、はりはた越えに参上し仔細を報告した。

 この間、近江の街道筋の警護役に稲葉伊豫守父子三人、斉藤内蔵之佐(斉藤利三)を守山の町に配備させられたところ、まもなく一揆が蜂起し、へそ村を襲撃し、守山の町の南口に攻め寄せてきた。町の入口を守備していた稲葉伊豫守は、攻め寄せる敵を切り崩し、多くの敵を打ち倒し比類無き働きをした。
 信長公は京を守備する武将たちの人質を取り、足利義昭公に差し出され、もし事が起こった場合はすぐに入洛する旨申し上げられ、京を出立された。
5月9日、信長公はD志賀の宇佐山に城を築き、森三左衛門(森可成)を守将として差し置かれ、12日には永原まで出陣し、E永原城に佐久間右衛門を、F長光寺城には柴田修理を差し置かれた。
解 説 
 信長が越前・朝倉を責めるにあたって、浅井長政には事前に何の連絡もなかったといわれているが、その辺りのことが浅井三代記に書かれているので紹介しておく。
浅井三代記
 信長卿許ヘ徳川家康公年始ニ御上洛マシマセバ御同心ナサレ越前ノ国発向アルベキト内談シタマフ森三左衛門尉坂井右近ナド申上ケルハ御諚ノ通尤ニハ奉存候得共此由浅井ニ御シラセ被成可然候半ト申上ル浅井ニシラセナバヨシ浅井越前ヲ責ヨト申サジ其上越前ノヌク若ハ我等所ヘ使節ヲモ越ザレバヨモ此信長ニ属セジトハ申マジトカク浅井ガタメニハ案内ナシニ越前責ムルコト勝手ヨカルベシトゾ被仰ケル森柴田重テ申上ケルハ浅井ガ恨ハイカガ也信長我等トハ親子ノ間ナレバイカデカ思ヒカユベシトテ元亀元年四月二十日諸卒引具レ西近江路ニカカリ若狭路ニ出デサセタマヒ手筒金ヶ崎ノ城ヲ責タマフ 云々

 上記三代記を読んで頂ければ分かるが、信長は「浅井長政に知らせば浅井は越前に反対するであろう。長政のために知らせない方がよいだろう」と事前に知らせなくて良いとしている。
また、越前に攻め入るについて、塩津街道から敦賀に出るのが最短距離であるにもかかわらず、西近江路・朽木から若狭街道を通り、小浜から敦賀に出ているのも浅井長政に対する配慮であろう。
解 説 
@
■ 手筒山 ■
 敦賀市内を国道8号線で福井方面に走ると、新金ヶ崎トンネルがある。このトンネルの右手が手筒山(標高171m)で、手筒山城は手筒山の山頂を中心に築かれ、西に延びる尾根上に金ヶ崎城が築かれている。いわば一城別郭といった形である。手筒山山頂は整備され公園となっている。
解 説 
A
金ヶ崎城
 南北朝期に新田義貞が尊良親王と共に立て籠もった当時の遺構と共に、朝倉勢が対織田戦に備えて改修した堀切や竪堀が混在して残る。
解 説 
B
疋田城
 疋壇城は朝倉氏が文明年間(1469〜1487)に柳ケ瀬越え,塩津越え,海津越えの主要近江路が集まる要衝の地に築いた朝倉氏の最南端防御拠点。現在も畑地の中のあちこちに石垣が残る。(福井県指定史跡)
解 説 
C
 この当時、敦賀から朝倉氏の本拠・一乗谷城へ攻め込むには海岸沿いに進み山中峠を越える道と木の芽峠を越えて今庄を経由して入る二つのルートがあったが、信長は木の芽峠越えを選択している。
 当時の海岸線沿いの道は日本海が荒れると通行が困難となり、木の芽峠を越えるのは最も通行しやすかったようで、こうした天候との関わりの中で木の芽峠越えが選択されたのか、それとも信長は今庄から一乗谷の間に点在する朝倉氏の支城を片っ端から落として一乗谷に入るつもりだったのか・・・・。
解 説 
D
宇佐山城
 宇佐山城は織田信長に命じられて森可成が構築、坂本城が築城されると共に廃城となった。現在も二の丸周辺に石垣が残る。
解 説 
E
永原城
 この信長公記でいう永原城は上永原城のことで、2001年12月に祇王小学校の東側畑地で堀や土塁などの遺構が発見されたが、この発掘は再開発に伴う発掘で、これら遺構は埋め戻しされている。
解 説 
F
長光寺城
柴田勝家守る長光寺城を六角軍が攻め、この戦いの中で柴田勝家の「瓶割り柴田」の逸話が生まれた。この城を別名、瓶割城とも呼ぶ。

HOME信長公記に見る近江の城郭

近江の城郭